2009年10月29日

目標値と目安

受験票は今日届き、本番まで時間がなくなってきました。『国連英検特A級・A級対策(三修社)』を使って勉強しています。前回受験前に半分くらいやってあったのですが、それらを見直しつつ、長文読解まで解き終えました。以下は特A級だけの結果と感想です。

A.適切な動詞の形を選ぶ問題 7/10
どうも過去形と過去完了でいつも迷ってしまいます。
B.同意語を選ぶ問題 8/10
たまたま知っている単語が多かったせいかな。本番では最難関パートだと思う。
C.空所補充問題 8/10
本試験よりもだいぶ易しいと思いました。それにしても解説が淡白。

リーディングとライティングが鍵になりそうな予感。語彙レベルは相当に高いし文法レベルも歯が立たない状態ですが、それらの対策は程ほどに、読解問題とエッセイで失点を極力抑えて合格を狙いたいと思います。とにかくライティングと語彙・誤文訂正問題を除いたパートすべてで7割以上を目標にがんばりたいと思います。以下はわたしの解答時間と得点の目標値(『公式ガイドブック』挑戦後に訂正)。

[T] 国連知識(5分) 7/10
[U] 読解(内容把握)(20分) 7/10
[V] 文法(誤文訂正)(10分) 5/10
[W] 読解(語形変化)(10分) 7/10
[X] 読解(言いかえ)(10分) 7/10
[Y] 空所補充(10分) 3/10
[Z] 読解(言いかえ)(10分) 5/10
[[] 読解(空所補充)(5分) 7/10
[\] エッセイ(200-250語:40分) 14/20
posted by cosa at 03:42| Comment(0) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

国連関連知識まとめ

前回の受験では、国連関連の知識事項をまったく勉強することなく、特A級に臨みました。他パートの解答時間を稼ぎ出すために全てに(D)マークして大問2へ。結果は10題中2問の正答。他90点分の問題だけで合格を勝ちとろうというのは無謀な作戦でした。合格最低点に4点足らす不合格。もしこのパートを勉強していたら…と今は悔やんでいます。

そういうわけで今回は多少なりとも対策をして試験に臨むことにします。手元にある『2005年度版国連英検過去問題集特A級・A級』を参考に知識事項をまとめてみます。特A級・A級あわせて6回分の問題を分析してみると、ある程度限られた範囲から出題されていることがわかりました。

選択肢を分類すると次のような傾向が浮かび上がってきます。
[1]国連機関・組織名を答える問題:the General Assembly等
[1][2][3][4]年号や任期を答える問題:1946, nine years等
[1]地名を答える問題:Poland, the Middle East等
[2]ノーベル平和賞に関する問題:UNHCR, Javez de Cuellar等
[3]人名を答える問題:Janer Perez de Cuellar, Roosevelt等
[4]国際デーに関する問題:Human Rights Day, United Nations Day
[5]国際連合の旗に関する問題:the North Pole
[6]使用言語に関する問題:French
[7]国連本部に関する問題:the Dag Hammarskjold library

これらのパターン別に語句レベルで関連語を羅列してみました。あくまで自分用のまとめなので非常に見にくいです。勘弁してください。

[1]組織別キーワード
国連機関や組織を起点にして関連事項をまとめてみました。
The League of Nations(国際連盟)
・1919-1946
・victorious allies
・Paris Peace Conference
・the Treaty of Versailles
The United Nations(国際連合)
・192 member states
・operating budget $4.19 billion for 2008-2009
・San Francisco Conference in 1945
・51 original members
・Poland the 51st
・name suggested by Franklin Roosevelt
・Headquarters in NY
・"Struggle for victory over Hitlerism"
The Security Council(安全保障理事会)
・maintain international peace and security
・cease-fire
・withdrawal
・armed forces
・62 peacekeeping operations(DPKO) as of 2008
・1st operation launched in the Middle East in 1948
・vote at least 9 out of 15
・5 permanent members with a veto "Great Power Unanimity"
・10 non-permanent members, 2-year terms
・Military Staff committee
・only military enforcement action in 1950 in Korean Peninsula
The Assembly General(総会)
・general principles
・discuss, resolve, declare, demand, elect, create
・finance, budget, expenses
・Declaration of Human Rights [1948/Dec/10]
・25%-0.001% of the budget
・appoint Secretary General
・admission, suspension and expulsion of Member States by a two-thirds majority vote
・elect 10 non-permanent members chosen on the basis of geographical representation
・elect 54 members of the Economic and Social Council
・1st resolution [1949/Oct/24]
The Economic and Social Council(経済社会理事会)
・under the authority of the General Assembly
・development, world trade, industrialization, natural resources, human rights, the status of women, population, social welfare, education, health and related matters, science and technology, prevention of crime, drug abuse control
・5-week-long substantive session alternately in NY or Geneva
・54 members has a 3-year terms to replace 18 members every year
・voting by simple majority
International Court of Justice(国際司法裁判所)
・15 judges, 9-year terms, 5 replacements every 3 years
・in the Hague Netherlands
The Trusteeship Council(信託統治理事会)
・majority
The International Labor Organization(国際労働機関)
・established in 1919
・worker's and employers' representatives have an equal voice with those of governments in formulating policies
UNIDO(国連工業開発機構)
・Geneva, Switzerland
UNHCR(国際連合難民高等弁務官事務所)
・Nobel Peace Prize in 1954, 1981
・extend international protection to refugees

[2]Nobel Peace Prize(ノーベル平和賞)
・UNHCR(国際連合難民高等弁務官事務所) in 1954, 1981
・Dag Hammarskjold(ダグ・ハマーショルド) in 1961
・UNICEF(国際連合児童基金) in 1965
・ILO(国際労働機関) in 1969
・PKO(平和維持活動) in 1988
・Kofi Annan(コフィ・アナン) in 2001

[3]Secretary-General(事務総長)
1. Trygve Lie 1946-1952
2. Dag Hammarskjold 1953-1961
・died in a plane crash in 1961
・Nobel Peace Prize in 1961
・Dag Hammarskjold library
3. U Thant 1961-1971
4. Kurt Waldheim 1972-1981
5. Perez de Cuellar 1982-1991
・accept Nobel Peace Prize on behalf of PKF in 1988
6. Boutros-Ghali 1992-1996
7. Kofi Annan 1997-2006
・Nobel Peace Prize in 2001
8. Ban Ki-moon 2007-

[4]国際デー
・United Nations Day(国連デー) [October 24]
・Human Rights Day(世界人権デー)[December 10]

[5]国際連合の旗
・the North Pole
・olive branches

[6]Secretariat(事務局職員)使用言語
・English and French in written communications

[7]Headquarters(国連本部) in NY
・39-storey office building of the Secretariat(事務局ビル)
・the Conference building(会議場ビル)
・the General Assembly Hall(国連総会ビル)
・the Dag Hammarskjold library(ダグ・ハマーショルド図書館)


とりあえずは以上になります。これで何とか6点以上は確保したい。

【参考資料】
・『2005年度版国連英検過去問題集特A級・A級(三修社)』
・『2004年度版国連英検過去問題集B級(三修社)』
・『国連英検特A級・A級対策(三修社)』
・Wikipedia:国際連合関連ページ
国連バーチャル・ツアー
posted by cosa at 22:01| Comment(0) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語名言 #127

心配は行動力の不足からおこる
野村克也 (プロ野球選手・監督)
posted by cosa at 12:50| Comment(0) | 日本語名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

日本語名言 #126

いろんなことを経験するんですよ。したこと無いことをトライしてみるんですよ。それで良いか悪いか分かるじゃない。
桑田真澄(プロ野球選手)
posted by cosa at 02:53| Comment(0) | 日本語名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

単語学習再開?

【Smart.fm】を使って語彙中心に勉強を再開しました。「国連英検A級・特A級」のリスト2つを利用させていただいています。vol.1の方は昨日集中的にやったら、「やるアイテムがありません」と表示されてしまい、今日からvol.2に入っています。順序はiKnowを1回進め、BrainSpeedで英日、日英の瞬発力を養い、またiKnowに戻るというような使い方をしています。また国連英検に飽きたときには、「TOEIC上級リスニング」を使ってDictationしてます。これを使うとディクテーションが楽チン。紙と鉛筆を使わなくて済むし、タイプした綴りや語に誤りがあれば自動的にミスを指摘してくれるので本当にありがたいです。
posted by cosa at 02:07| Comment(0) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

Smart.fm

iKnowの時代よりずっと気になっていた【Smart.fm】を昨日から使い始めました。面白い!これだけの高機能なツールが無料で使えるとは夢のようです。私が紹介するまでもありませんが、TOEICも英検も大学受験もここで何でもできちゃいますし、単語学習のプログラムが秀逸で人間の記憶のメカニズムがよく研究されているようです。学習の進捗が自動的に記録されていくのもポイント高い。あと例文がすばらしくて感心いたしました。もうこれはSmart.fmを利用しない手はありません。

11月の国連英検に向けてSmart.fmの国連英検の語彙リストを利用し始めました。英語のお勉強はもう久々と言っていいでしょう。日英、英日の瞬発力が衰えているのを感じます。ここ最近は教え方ばかり考えていて、英語力をあげようという意欲が減退中でした。でもこうして英語の勉強らしいことを始めてみると、これが楽しい。魚には海、鳥には空、そして私にはやっぱり英語が合うみたいです。
posted by cosa at 04:02| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

日本語名言 #125

永遠に僕の頬は千葉の風を感じています
ロッテの応援歌が僕の耳の中にあります
ファンのみなさんの愛が僕の心の中になかにあります
永遠に僕は千葉ロッテマリーンズを忘れません
ボビー・バレンタイン(ロッテマリーンズ監督)
posted by cosa at 02:59| Comment(0) | 日本語名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。