2010年04月28日

日本語名言 #136

積み重ねた努力こそが、あなたの価値です。いつだって再スタートできるんですよ。つまり、ライバルは昨日の自分です。昨日より、一つでも漢字を多く覚えれば、今日の自分は昨日を追い抜く手いることになるのです。
宮崎美子『スッと漢字が書ける本』ワニブックス
posted by cosa at 23:49| Comment(2) | 日本語名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

単語暗記指導

単語暗記の効率を上げる方法として、私は以下の4ポイントを挙げます。

1. Repeat it! 繰り返しなさい
繰り返しに勝る記憶術はありません。「単語が覚えられない」と嘆いている暇があったら、繰り返しを増やしましょう。

2. Exercise it! 五感を活用しなさい
できるだけ多くの感覚を駆使することで暗記効率が高まります。音読と筆写を組み合わせると、目口耳手の4つの感覚を一度に使うことができます。

3. Check it! 定着を確認しなさい
単語によって覚えやすさに差があります。練習回数を一律に決めて暗記に取り掛かるよりも、覚えにくい単語により多くの時間と労力を注ぐべきです。一定の回数を練習したら、定着度を確認するためにテストをしてみるとよいでしょう。

4. Time it! 時間制限を設けなさい
物事を覚えるには集中力を要します。その集中力を最大限に引き出すために制限時間を設けて取り組むとよいと思います。
posted by cosa at 02:13| Comment(2) | 英語指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春夏秋冬と昼夜

春は英語でspring。これを読んでいる方であれば、springには「春」の他に「泉」や「ばね」の意味があることはご存知でしょう。春は地中から上に向かって湧き上がる、跳ねるイメージの言葉です。形容詞vernal(春の)は「青春の」という意味を持ちますが、漢字から察するに日英とも共通のイメージを持っているようです。同名の洗顔石鹸ブランドが有名ですが、人生の春を取り戻そうということなのでしょうね、きっと。Vernal Equinox Dayで「春分の日」となります。また、primavera(春)という外来語もあります。イタリア人画家ボッティチェリの代表作La Primaveraが有名です。

夏はsummer。本日、4月21日は東京で最高気温が25度を越え、今年初の夏日だったそうですが、summmer/summery dayで「夏日」となります。また、estival(夏の)という形容詞があり、hibernal(冬の)の対をなしています。一瞬、festival(祝祭)と関係があるかもしれないと思い調べてみましたが、別語源でした。

秋はfall/autumn。fallは果実が木から地面に向かって落ちる季節だからということで出来た言葉です。autumnの方は語源がはっきりしません。Autumnal Equinox Dayで「秋分の日」となり、autumnal yearsは人生の「中年期」を指す表現になります。

冬はwinter。形容詞wintryは他の語と組み合わせると、わびしさや冷淡さを醸し出す表現となります。wintry smile(冷淡な微笑)wintry greetings(よそよそしい挨拶)という言い方には日本人の私も思わず納得です。hibernal(冬の)hibernation(冬眠)を知っていればすぐ覚えられますね。

昼はday/daytimeで、夜はnight。もしもあなたがdiurnal(昼間の)を知っているなら、なかなかの語彙力を備えてらっしゃいます。diurnalの反意語はnocturnal(夜の)となります。これらの単語に私が最初に出会ったのは『Word Power Made Easy』という単語集だったと記憶しています。ショパンのnocturne(夜想曲)は道理で暗い曲になるわけです。「春分の日」と「秋分の日」に含まれるEquinoxに、夜を意味する語根(-nox)が入り込んでいます。
posted by cosa at 01:32| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

take a bath

take a bathは「1.風呂に入る」の他に、イディオムとしてもう1つ意味があります。このフレーズが使われている例文を見てみましょう。
Investors took a bath when they had to resell the bonds at lower prices than they had paid.
Cambridge Dictionary of American Idioms

上記英文から読み取ってもらえたと思いますが、もう1つは「2. 大損する」になります。

ちなみにGo to Bath!は、『ジーニアス英和辞典第4版』によれば、「お風呂に行け!」ではなく「二度と顔を見せるな!」となります。自宅にある複数の紙辞書で引いてみましたが、ジーニアス以外にこのイディオムを掲載しているものを見つけることはできません。インターネットで検索してみましたが、語源に関する説明は見つかりません。電子辞書に入っている『リーダース英和辞典』にかろうじて「狂人が湯治にやられたことから」という説明が載っていました。

Bath(バース)は英国サマセット州にある都市の名で温泉地として有名。このBathはbath(風呂)の語源となったという説明が一部の辞書にあるようですが、単なる俗説であって間違いです。むしろ温泉がたくさんあったことからBath(バース)という名がつけられたのです。

風呂ついでもう1つ。spa(温泉地)という語がありますが、こちらはベルギーの鉱泉場であるSpaという都市に由来するようです。それではSpaという名はどこから来たのかというと、「エスパ(泉)」または「スパゲーレ(撒き散らす)」からというのが定説だそうで(元祖スパ【ベルギー】スパの語源(2))、仮に後者がSpaの語源だとすれば、spaghetti(語源は「細いひも」)とも親戚ということになりますか。

バスツアー(bus tour)ならぬ温泉巡り(bath tour)はこの辺でお開きといたします。
posted by cosa at 19:52| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色を使った句

あらゆる言語において「色」はさまざまなものの象徴となります。色を使った語句や表現をいくつか紹介します。下記の例のほかにもたくさんの例がありますのでご興味ある方は辞書などを眺めてみてください。

black gold(石油):粋な表現だと思います。
blackmail(恐喝):blackのネガティブなイメージを活かされています。
black sheep(<一家の>やっかい者):白い羊の群れに混じっている1匹の黒い羊。
blue blood(貴族の血統):ロックバンドXのデビューアルバムのタイトルがこれ。
blue chip(優良株):ニック・ノルティ主演の同名映画があります。
once in a blue moon(ごくまれに):月が青く見えるときはめったにないことから。
out of the blue(全く突然に):空から突然何かが出てきたイメージ。
brown bag(弁当):茶色い紙袋に入っています。
greenback(ドル紙幣):米ドル紙幣はインクが薄緑色。
green thumb[fingers](園芸の才):植物を育てる手(指)ということ。
pink slip(解雇通知):ピンク色の封筒に入っているのが普通。
silver spoon(富・財産):銀器を使うような裕福な家庭に育つ者の象徴。
white elephant(無用の長物):タイの王様が他国に送った贈り物。
white lie(悪意のない嘘):ネガティブなblackに対して。
yellow jacket(スズメバチ):愛称といってもいいのでしょうね。
posted by cosa at 03:50| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

taxのつかない「税」

「税」に関する言葉であるにもかかわらず、taxを含まない語には次のようなものがあります。まとめておきます。

customs(税関):見た目とは違い、常に単数扱いとなります。
excise(物品税):タバコや酒類に課す税に使われます。
royalities(印税):「税」と名は付きますが、実際には税金ではありません。
tariff(関税):GATTとはGeneral Agreement on Tariffs and Tradeのこと。
levy(徴税):動詞はimposeと同じ意味・働きをします。
duty-free shop(免税店):dutyもtaxもほぼ同じ意味です。
posted by cosa at 01:06| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

TOEIC TEST結果

第153回TOEIC TESTの結果が判明しました。

LISTENING 480
READING 455
TOTAL SCORE 935

受験時の感覚とずれています。自分に甘いのは承知していますが、それにしてもリーディングがひどい。3回連続の450点台は情けない(テストは私の実力を正確に測っているとも言えましょうか)。TOEIC問題集をやらないと満点を目指せない実力なのか?5月のTOEICも受験予定です。生意気なようですが、TOEIC対策はせずに990を追い続けます。
posted by cosa at 01:00| Comment(2) | TOEIC990への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

英語名言 #101

The hard must become habit. The habit must become easy. The easy must become beautiful.
Douglas Henning (Canadian magician)
posted by cosa at 03:27| Comment(0) | 英語名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国トップの努力

国連英検を申込を済ませました。10,000円と高い受験料を払うのに見合う準備をしていきたいと思いますが、あと2ヶ月でそれだけの十分な学習ができるだろうかと不安もあります。

そんな弱い気持ちを奮い立たせるのにいい「刺激」を見つけました。あの難関試験で全国トップの成績(外務大臣賞)をとる人はどんな人物だろうかと興味が沸きませんか?

全国トップで特A級に合格 国連英検を受験
大分合同新聞oita-press[2010 March 28]

岡本氏が英語の勉強で大切と訴えている「リスニング」。聴く量が半端ではありません。3−4時間とはすごい!これを毎日、何年も積み重ねて現在の英語力を築きあげてきたのでしょう。とても真似は出来ませんが、精神は少しでも見習いたいと思います。
posted by cosa at 03:08| Comment(4) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。