2010年06月06日

国連英検受験してきました

2010年度第1回国連英検特A級を受験してきました。体調はパーフェクト、天気も最高。受験者は11名。

[T] 国連知識 2分
直前3日間はこのパートしか勉強していませんでしたが、その成果が出せました。7問正解できたと思います。手元の問題集に掲載されていないものは以下の4つで、そのうち3問を外しました。
(6) UNESCO formed 4 November (1946)
(8) ILO (first) specialized agency
(9) UNHCR established by (the General Assembly)
(10) Universal Postal Congress held in (Paris) in 1878
[U] 読解(内容把握) 20分
ここは最も得点しなければいけないパート。感触はよいです。特別に難しい問題はなく、程々の難易度。
[V] 文法(誤文訂正) 10分
まったくわかりませんでした。国連英検の問題レベルが高すぎるのか、それとも私の文法力・語彙力がないからなのか。
[W] 読解(語形変化) 13分
前後の語句だけ見てどんどん解いていきました。このパートも感触は上々です。
[X] 読解(言いかえ) 10分
ここはダメでした。選択肢に出ている単語の難易度がとにかく高い。
[Y] 空所補充 12分
ここもダメですね。半分取れていればいいほうでしょう。
[Z] 読解(言いかえ) 3分
[X]と同じく、下線部の単語も選択肢の単語も難しいです。
[[] 読解(空所補充) 10分
去年と比べたらあせらず解けましたので悪くないと思います。
[\] エッセイ 35分
前回は書き終わらせることができず、語数のカウントもできませんでした。今回目標にしていた「時間内に200語以上書く」という目的は達成できました。書きやすいトピックだったことと時間の余裕(40分)が幸いしました。最初の10分間を構想、20分間を実際のライティングにかけて、5分間で語数の調整とカウントを行いました。5分ほど試験時間を余らせてエッセイを書き上げることができたので、非常に気分がいいです。最終的に書き上げた英作文は「245語」となりました。


今回は国連の知識問題の対策のみを試験3日前から始めたのですが、限られた時間のなかでよく得点できたと思います。エッセイもしっかり書けました。悔いはありません。あとは試験結果を楽しみに待ちたいと思います。本日受験された全国のみなさま大変おつかれさまでした。


【追記】
試験会場で試験官より一次試験合格通知は7月3日頃とのアナウンスがありましたが、公式サイトに7月2日発送予定と表示されています。
posted by cosa at 19:54| Comment(6) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は特A級

先週のTOEICに引き続き英語の試験。国連英検特A級になります。前回は写真を貼り忘れるミスを犯し、また英作文を書き終えられず失敗しました。また、この試験に向けては日々の仕事に忙殺されて全く準備ができていません。ですから今回は大それた目標は慎まねばなりません。ささやかながら、知識問題で6点以上、英作文を200語以上書くということを目標とします。同じく国連英検を受験される全国のみなさま、ともに精一杯がんばりましょう。
posted by cosa at 01:39| Comment(0) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。