2010年06月27日

第155回TOEIC TEST[4GIC13]を受験してきました

第155回TOEIC TESTを受験してきました。寝坊してしまいました。起きたら11時を過ぎていて、急いでシャワーを浴び、会場へと向かいました。試験会場に着いたのが12:20ぴったり。電車を1本逃していたら完全に遅刻でした。

私が受験した問題冊子は4GIC13でした。

Part1 写真描写問題(10題)
問題ないと思います。しかし難しい問題がありました。リスニングで橋の上にいる3人のうち、男性一人が手に握った傘で何を指している写真でしたが、graspを出題するのは難しいと思いました。TOEICはこういう問題で何の力を測ろうとしているのかと疑問に感じました。あとディスプレー棚から男性が書類を引き出している写真のものはremoveを選ぶのだと思いますが、ネイティブ一般はそのように表現するのでしょうか。

Part2 応答問題(30題)
このパートは不調でした。どんな問題がダメだったのかを思い出せないくらいダメ。

Part3 会話問題(30題)
記憶がありません。よって自信もないです。

Part4 説明文問題(30題)
ここも前パート同様に手ごたえがよくないです。

今日はアドレナリンが湧き上がってこないないままで、ここ最近にはないほど出来の悪い回になりそうです。問題自体が決して難しいのはなく、体調や集中力の問題です。


Part5 短文穴埋め問題(40題) 11分
相変わらずですが、迷う問題がいくつもありました。(109)(left) extra copy in her officeとしましたが、自信がありません。他に当てはまりそうなのはsentくらいだったかと思います。(124) althoughを選ぶ問題だったと思うのですが、意味のつながりが悪いように感じました。「去年のconferenceが3時間も続いたが、今年はもっと短くしてほしい」で果たしていいのでしょうか?(125)very (gradually) improvingのコロケーションは難しかった。私はpotentiallyを選んでしまいました。(130) public relations (initiative)とする問題でしたが、Googleで検索をかけた限りは大丈夫でしょうか。 (135)subsidiary(子会社)を選択するものでしたが、選択肢中に、その綴りは覚えていないのですが、1度も見たことない単語がありました。(138) branch that hangs (low) to the groundとするものでしたが、これもGoogle検索では問題ないようです。

Part6 長文穴埋め問題(12題) 3分
完璧とは言いがたいのですが、大丈夫だと思います。

Part7 読解問題(48題) 47分
残り時間15分で解き終えましたが、なかなか答えを見つけられない問題が3つ4つありました。(164)デザイン会社が社内でスローガンを募集するお知らせ文で、この会社の特徴について本文で述べられているものを選ぶ問題でしたが、最後までわかりませんでした。(187)不動産業者のチラシとEメールのダブルパッセージの問題で、Arringtonという街の特徴について本文で述べられてないものを選ぶのですが、これに時間がかかりました。

Part5と6を見直すのに精一杯で、読解問題を見返す時間はありませんでした。私個人の感覚ですが、いつもよりも少し難しかったように思います。そして相変わらずトリッキーな問題があって疲れてしまいます。TOEICテストが英語力(協会曰く「英語によるコミュニケーション能力」)を純粋に測っている気がしなくて、こういうテストで高得点を獲ることが果たして英語力向上につながるのかとあらためて疑問に感じました。

さて今回で990を取得してTOEICから卒業したかったのですが、とてもじゃないですが高い点は望めそうにありません。本意ではありませんが、9月以降も受けることになりそうです。

本日TOEICを受験されたみなさま、たいへんお疲れ様でした。
posted by cosa at 18:04| Comment(4) | TOEIC990への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日はTOEIC

明日第155回TOEIC TESTを受験します。最近1ヶ月は国連英検にTOEICと英語の試験ばかり受けていますが、しばらくテストから離れたいです。そのためにもハイスコア(できれば990)を取得して、指導力を磨く方向に学習をシフトしたいと思います。明日テスト後の感想を書きます。明日受験されるみなさま、ともに全力を尽くしましょう。
posted by cosa at 01:34| Comment(2) | TOEIC990への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。