2011年02月27日

単検受けてきました

2010年度第6回英単語検定1級を受験してきました。

先月、国連英検の二次試験で訪れたばかりの巣鴨にまた行ってきたのです。会場はアジア文化会館で、1・3・5級の受験者が全員1つの部屋に詰め込まれたのには少々驚きました。まだ無名に近い検定試験だけに仕方ありませんね。1級は私を含め7名の受験者がいました。

問題は全100題。すべて4つの選択肢から選ぶタイプで、その構成は次のようになっています。
[1]英単語に適した和訳を選ぶ問題(35題)
[2]日本語に適した英訳を選ぶ問題(35題)
[3]定義文に適した英単語を選ぶ問題(15題)
[4]英単語に適した定義文を選ぶ問題(15題)

試験時間は45分間で、途中退出が可能となっています。英文読解などはなく、純粋に単語の問題だけなので、20分ほどで解き終え、見直しに15分ほどかけた後、途中で教室を出てきました。当然、わからない問題が結構あったのですが、知らない単語の意味や定義をいくら考えても無駄ですから。1級受験者の中で最初に退出したのが私です。

「英単語検定(単検)」は問題冊子を持ち帰る事ができます。試験後に辞書を引いて自ら採点をしてみたところ、86問正解することができました。合格ラインは正答率70%前後とのこと。合否の発表はまだ先ですが、合格しているのではないかと思います。

この「単検1級」ですが、レベル目安が「約12000語」となっているので、だいたい英検1級と同等と言えます。出題されている単語を見てみてもほぼ同水準だと感じます。自作の単語帳にある単語が相当数ヒットしていました。数え始めてみると40〜50語ありましたのでラッキーだったのかもしれません。リストに入っていない単語もありまし、見たことがる単語でも正確に意味や定義を把握していなかったものもありました。正解として選ぶべき問題だけに絞っても次のようなものが私には未知の単語でした。

contingent=不確かな、seminal=影響力の大きい、beget=生み出す、environs=周辺地域、filth=ののしり、sinew=腱、quay=波止場、induction=徴兵、stead=代理、upmarket=高級品市場、infirmity=慢性病、reprieve=刑執行を延期する、slick=如才のない、slither=ずるずる滑る、seethe=腹の虫が収まらない

初受験だったわけですが、この単語レベルは圧倒できるようしたいです。今回「単検」を受験することで、語彙力をもっと強化したいという気持ちが高まったのは収穫です。早起きして巣鴨までわざわざ行った甲斐がありました。またボキャビルを再開しつつ、2週間後の合格発表を待ちたいと思います。
posted by cosa at 21:01| Comment(0) | 英語資格試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

ボキャビル一旦終了

一ヶ月ほど前から始めていた『Vocabulary Workshop(Sadlier-Oxford)』。所有しているレベルBとCの2冊を本日やり終えました。通勤電車のなかでコツコツやってきましたが、日曜に受験予定の「英単語検定」前に、どうにか終えることが出来てホッとしています。この本を進める間に数多くの未知語に出会い、多少なりとも単語力をアップさせることができたと思います。

とてもよく出来た単語本なのでぜひ他レベルにも取り組んでみたいのですが、現在日本では販売されておらず入手することができません。大変残念に感じます。日本のボキャビル本の多くは単なる「語句リスト」もしくは「例文集」に留まっていることが多いのですが、英米で使用されている本は、この『Vocabulary Workshop』のように、「定義」や「同類語・反意語」を確認させ、数パターンの「問題」を解かせて定着を図るタイプになっています。好みの問題といえばそれまでですが、語彙力に対する考え方が根本的に違うのでしょう。日本の単語本では試験対策として出題頻度重視の傾向が如実に現れているのに対して、英米のそれは正しい言葉の使い方を定着させていく工夫が感じられます。日本でもそのような本物のボキャビル本が登場するのを願っています。
posted by cosa at 02:08| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

次のターゲット

年初めに最大で唯一の目標として掲げていた国連英検合格を運良く果たすことができましたので、次の目標を設定してさらなる英語力向上を図っていきたいと思います。

1. 2010年度第6回英単語検定1級[Feb 27]
まだ新しい試験ですが、最上級を制しておきたい。どんな内容の試験がわかりませんが、合格は当然ながらも高得点も狙います。

2. 第162回TOEIC公開テスト[May 29]
いきなり990点とまで行かないまでも、自己記録更新を狙います。

3. 第43回G-TELP公開テストLEVEL 1[Jun 5]
3年前のリベンジを果たさないといけません。速読速解とリスニング力の引き上げがマスタリー取得(正答率75%以上)のカギと考えてます。

上の三つの試験に合格もしくは目標スコアが達成できたならば、2012年の通訳案内士試験のための学習をはじめようと思います。3年前にあこがれていた英語レベルに近づいています。
posted by cosa at 00:50| Comment(2) | 英語資格試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

達人の視点 #26

約2年ぶりとなる第26回は、7年間のひきこもり留学後、TOEIC990を24回取り続けているという"イングリッシュ・モンスター"菊池健彦氏です。
英語の勉強をするというのは、知らなかった単語を覚えたり、聞き取れなかった英文を何十回も聞いたり、あやふやだった文法の知識を確認することをいうのであって、2時間ぐらい時間をとって試験問題をやるっていうのは、いわば"健康診断"を受けているようなもの。健康診断を何十回、何百回受けたって、健康にはならない。今、自分がどれぐらい健康かがわかるだけなんだ。
菊池健彦『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』集英社

この本に書かれているエピソードはどれも愉快、痛快で、楽しく読ませていただきました。母音を写真で自ら示す姿には声を出して笑わせてもらいました。こうしたエンターテイニングな要素がある一方で、英語学習に対してとてもまじめで、至極真っ当で当り前のことを主張なさっているので安心しました。英語学習者はみな、地道な作業を繰り返していく中で高い英語力を身につけた、氏の努力を見習うべきです。「努力できることが才能」と言ったのは松井秀喜選手のお父様でしたか、それを英語学習を通して菊池氏が体現しています。本物の努力だけが本物を作るということです。書店に棚に並ぶ「1日○分でマスター」「CDかけ流すだけ」などという甘言には脇目もふらず、本物の努力を継続していきましょう。
posted by cosa at 02:18| Comment(0) | 達人の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

英語名言 #104

Don't ask yourself what the world needs; ask yourself what makes you come alive. And then go and do that. Because what the world needs is people who have come alive.
Howard Thurman (American philosopher)
posted by cosa at 22:35| Comment(0) | 英語名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。