2008年11月01日

Eagles - "Hole in the World"

第6弾はEaglesの"Hole in the World"です。2001年9月11日に起こったアメリカ合衆国における同時多発テロのことを歌った曲。事件の2年後2003年にリリースされています。Youtubeの動画はこちら

Don Henleyの声は心地よい!全員でのハーモニーがまた素晴らしい!繰り返し歌って彼らが歌詞に込めた思いを噛みしめよう。
[chorus:]There's a hole in the world tonight.
There's a cloud of fear and sorrow.
There's a hole in the world tonight.
Don't let there be a hole in the world tomorrow.

They say that anger is just love disappointed.
They say that love is just a state of mind,
but all this fighting over who will be anointed.
Oh how can people be so blind

[chorus]

Oh they tell me there's a place over yonder,
cool water running through the burning sand,
until we we learn to love one another
we will never reach the promise land.

そういえば、yonder(あそこに)を久しぶりに見ました。over thereでなくover yonderだと詩的な感じがするのでしょうか。
posted by cosa at 00:27| Comment(0) | 音楽・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。