2008年11月01日

ベストセラー

世界一のベストセラーが『THE HOLY BIBLE(聖書)』であることは有名です。2454の言語に翻訳され、(Wikipediaによると諸説はあるようですが)25〜60億部発行されているようです。想像を絶する数ですね。

では日本で出版された本で一番売れた本をご存じでしょうか。Wikipediaにて調べてみました。上位9つの書籍しか判明しませんでしが、驚いたことに英語関連の本3冊がランクインしており、しかも2〜4位という上位に位置しています。国語の辞書も多いですね。『新明解国語辞典』のほうが『広辞苑』より売れているとは知りませんでした。
・山田忠雄『新明解国語辞典 初版』三省堂(1972) 20.4 million copies
・赤尾好夫『英語基本単語集』旺文社(1942) 17.2 million copies
・森一郎『試験にでる英単語』青春出版社(1967) 15 million copies
・竹林滋『新英和中辞典』研究社(1967) 12 million copies
・守随憲治『旺文社古語辞典』旺文社(1960) 11 million copies
・新村出『広辞苑』岩波書店(1955) 11 million copies
・見坊豪紀『三省堂国語辞典』三省堂(1960) 10 million copies
・築田多吉『家庭に於ける實際的看護の秘訣』(1925) 10 million copies
・堺屋太一『知価革命』PHP研究所(1985) 10 million copies
posted by cosa at 02:29| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。