2009年04月04日

TOEIC990の意味

国際ビジネスコミュニケーション協会が30周年記念企画として「TOEICテストのひみつ」「TOEICテストのあゆみ」というコンテンツの公開を始めています。後日さらに記事が追加されるようです。楽しみ。

そのなかで私が最も興味深く読んだのがTOEICの最高点(990)に関する記述です。
TOEICテストの最高点が1,000点でなく990点なのはどうしてですか?

開発時のことなので諸説ありますが、TOEICテストは英語能力を測定するテストですから、結果が「ゼロ」や「満点」ということはありません。たとえ最高点の990点を取得しても、完全な英語能力が身についたと思わずに学習を継続し、さらに英語能力を伸ばしてほしいという思いが込められている、という説が有力です。

なるほど!TOEICテストでフルスコアをマークしても、それは最終到達点ではない、さらに上を目指していきましょう、という開発者のメッセージなのですね。それをスコアに込めるなんて粋だ。
posted by cosa at 02:53| Comment(4) | 英語資格試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。初めてコメントします。

TOEIC990点の意味、自分も「なんで、こんな中途半端なんだろう?」と思っていたのですが、そういう意図があったんですね。

自分もTOEIC満点を狙っていますが、なかなか届きません。今年こそは!と思っているので、cosaさんのblogも参考にしながら、自分も頑張っていこうと思います。
Posted by 新井 at 2009年04月08日 12:57
新井さん

はじめまして。ブログへの訪問ありがとうございます。英語を真剣に勉強されている方に見ていただいて光栄に思います。私の方こそ大いに参考にさせていただきます。早速メルマガの登録させていただきました。
Posted by cosa at 2009年04月09日 00:56
確かにLPIのきつさと比べたら、TOEICのマーク=LPI*1000、つまり1+だけでもTOEICの1500点分の値打ちがあるのではないかと思ってしまいます。
御存じとは思いますが、そのLPIが来年の2/7(日)を以て廃止されるそうです。TOEIC S/Wに統合されるそうですが、S/WでLPI何点相当とか出るのでしょうか?
Posted by t.a. at 2009年10月25日 18:54
t.a.さん

コメントありがとうございます。LPIが廃止されることは知りませんでした。学生時代にTOEICのスコアが750くらいのときに受験しましたが、散々な評価を受け、もう二度と受けるもんかと思いました。大学生だったので非常に痛い出費でした。S/Wが出来たので統合は自然な流れなのでしょうね。
Posted by cosa at 2009年10月27日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。