2009年05月11日

seraphicとcherubic

今回は取り上げる単語は「天使」がテーマ。2つの形容詞のもとになっているseraphim(熾天使セラフィム)cherubim(智天使ケルビム)はどちらも天使名。今日の今日まで知らなかったのですが、天使には階級があり、私たちのよく知るangel(天使)は全天使のうち9番目、つまり最下級というわけです。そして第1位がseraph、第2位がcherubですから、seraphicとcherubicは人間の笑顔や顔つき等に対する最上級のほめ言葉といえますね。
How lighthearted, how human he seemed as he laughed now, his seraphic face untroubled.
seraphic(天使のような;気高い;清らかな)。"Twilight"より。

In agonized silence he started at the painting of his son, a sturdy little boy with a cherubic smile on his face and a wooden soldier clutched lovingly in his fist.
cherubic(天使のような;無邪気な;ふくよかな)。"Once and Always"より。
posted by cosa at 01:48| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。