2009年07月21日

本棚を漁る

最近は特別英語学習らしいことはしていませんが、やりかけのボキャビル本を取り出して読み始めました。1つは『VOCABULARY CARTOONS』。ダジャレ(?)と絵の組み合わせに何となく不真面目な印象があって途中で止めていました。先週くらいから電車の友として読み始めたら今さらながらはまってしまいました。例文が意外にしっかりしているし、とても印象に残りやすいです。あっという間に読み終えてしまいました。そして続編を早速Amazonに注文しました。

『VOCABULARY CARTOONS2』に移行する前に、本棚より引っ張り出したのが『VERBAL ADVANTAGE』です。これも再開しました。これはお気に入りの単語帳で、読んでいてほんとうに楽しい。『VOCABULARY CARTOONS』に出てきた単語も多数も収録されており、いい復習になっています。見出し語すべてを定着させるのは難しいことなので、意気込みすぎず気楽に読み進めようと思います。いまはLEVEL7の前半です。

リスニング力が下降気味なので、近頃は車内でオーディオ・ブックを聞いています。Nicholas Sparksの『Bend in the Road』です。これも昔から持っているもの。ストーリーを楽しみながら、シャドーイングしています。これを一生懸命聴いていたころに比べたら、英語力が上がっているなと実感します。(ナレーターの方がクセのない英語を話すので当たり前ですが)はっきりと聴き取れるし、昔は適当に聴いていた箇所も、現在の語彙力のおかげか、しっかり理解できます。

以上、いまは「勉強」と呼べるようなことはしていませんが、「趣味」としてかろうじて英語に触れている状態。この夏は、秋の国連英検受験に向けて、もっともっと英語を勉強しないといけません。そろそろ学習サイクルを構築しなくては…。
posted by cosa at 01:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。