2010年04月05日

全国トップの努力

国連英検を申込を済ませました。10,000円と高い受験料を払うのに見合う準備をしていきたいと思いますが、あと2ヶ月でそれだけの十分な学習ができるだろうかと不安もあります。

そんな弱い気持ちを奮い立たせるのにいい「刺激」を見つけました。あの難関試験で全国トップの成績(外務大臣賞)をとる人はどんな人物だろうかと興味が沸きませんか?

全国トップで特A級に合格 国連英検を受験
大分合同新聞oita-press[2010 March 28]

岡本氏が英語の勉強で大切と訴えている「リスニング」。聴く量が半端ではありません。3−4時間とはすごい!これを毎日、何年も積み重ねて現在の英語力を築きあげてきたのでしょう。とても真似は出来ませんが、精神は少しでも見習いたいと思います。
posted by cosa at 03:08| Comment(4) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2か月後という事は、私の英検初挑戦と同じ時期に受験されるのですね。
お互いに頑張りましょう。

というか、私は全然頑張れていないかも・・・。
初めて過去問に挑戦しましたが、ボロボロでした。

作文は時間切れだし、疲れ切った後のリスニングでは集中力が皆無だし・・・。

でも、自分の弱点が少しわかった事ですし、作文とリスニングと読解と・・・。ほぼ全部弱点ですね。

さて、どうすればよいでしょうねぇ?
Posted by KIYO at 2010年04月05日 21:41
KIYOさん

同じような時期に受験となりそうです。試験までの残り2ヶ月間お互いに力を尽くしましょう。

いまの努力量は英検1級を目指していた頃には到底敵いません。いまだにあの頃の貯金で過ごしているような気がします。早くペースを作って国連英検対策を軌道に乗せたいものです。

早々に英検の過去問に取り掛かってらっしゃいますね。ブログを拝見しましたが、過去問の結果は2ヶ月前としては上々ではないでしょうか。特に語彙パートがすばらしいですし、長文読解もいい出来じゃないですか。一次試験突破した多くの方々が、作文抜きで60点前半だと思います。心配されてらっしゃる作文ですが、二次面接試験のことを考えると、強化しておきたいパートです。やることがたくさんあって本当に大変だと思いますが、ご自分の信じた道を突き進んでいってください。KIYOさんの英検1級受験を応援しています。

Posted by cosa at 2010年04月06日 01:27
cosaさんこんばんは。 お元気ですか。

私はあれから2次面接をなんとか突破できたのですが、英検1級の面接とは違って、かなり専門的な話が出てくると感じました。cosaさんは6月に筆記試験を受験されると思いますが、知識問題とエッセイで稼げばすぐに1次は合格されると思います。

実は特A級は1次より2次のほうが難関です。
私の知り合いの帰国子女で学生時代にA級を受験して1次は突破したものの2次は落ちてしまったという人もいます。
面接のための準備を今からされることを強くお勧めいたします。
Posted by ポポ君 at 2010年04月08日 00:40
ポポ君さん

貴重なアドバイスをありがとうございます。エッセイで稼げる力はまだまだありません。一次試験突破のため語彙力アップに賭けていますが、底が見えません。どこまで覚えればいいのやら。。。ポポ君がおっしゃるように、一次試験突破後のことを考えるとエッセイとスピーキングを同時に強化していく必要性を感じます。

ポポ君さんが特A級を突破されたことは土佐犬さんのブログを拝見して存じておりました。2次試験を1回で突破されたのはお見事だと思っていました。おめでとうございました。もともとの非常に高い英語力を備えてらっしゃる上に相当な努力を重ねられたのだと推察いたします。

またぜひブログに遊びにきてください。

私は合格の報告ができるようにがんばります。
Posted by cosa at 2010年04月09日 02:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。