2010年05月17日

英語落語

野方区民ホールでおこなわれた「RAKUGO in English(英語落語)」を観てきました。落語(comic story-telling)が好きでたまに寄席に出かけることもあるのですが、英語の落語をいつか見てみたいと思っていました。今回、私が観たのは午後の第2部。5名の方がそれぞれ落語を披露されました。うち3名は通訳ガイドをされているとのことでした。

私のお目当ては本日の取りを務めた、NHK英会話講師として有名な馬越恵美子先生。高座名の「笑凛亭えみりん」はお人柄や朗らかな笑顔を表現された名前でかわいいです。「紺屋高尾」という演目をされましたが、笑いどころ泣きどころのある見ごたえ聞き応えともにある落語でした。さすがに英語にはリズム、抑揚があって、また間の取り方も絶妙。そしてたいへん耳に心地の良い英語でした。馬越先生のあの「英語」には憧れます。私が今までに聞いた日本人の一番キレイな英語だと思いました。帰りにはちゃっかり握手していただきましたが、ぜひとも毎年観に来たいと思います。
posted by cosa at 02:08| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。