2010年11月15日

frank

次の例文にあるようにfrankには「率直な、隠し立てをしない」という意味があります。
We had a frank discussion about all aspects of the problem.
問題のあらゆる面を率直に話し合った。
『アンカーコズミカ英和辞典』学研


このfrankという単語、どうしてこんな意味があるんでしょう。生徒とともに以下のような仮説を立てました。
(1) Frank XXXというある人物が「素直に意見をいう人」だったから。
(2) フランクフルト(ソーセージ)はだれにも遠慮せず自由に食べられるから?

辞書を引いてみると語源がちゃんと載っていました。
【原義:ガリア地方のフランク族(Frank)が自由民であったことから→frankly】
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館


それでは、フランク族ってどこにいたのかなと思って調べると、彼らが建国したフランク王国(481-843)は現在のフランスやドイツ、イタリア北部などにまたがっていました。フランク王国は後年、西フランク王国、中フランク王国、そして東フランク王国に分裂しますが、そのうちの西フランク王国は現在のフランスの基礎となっています。つまりFrank→Franceになったわけです。さらに言葉の源を辿れば、Frank(フランク族)は彼らの使っていた武器であるfrancisca(フランキスカ)と呼ばれる戦闘用斧からついたという説があるのだそうす。

franchise(フランチャイズ、加盟権)も同じ語源になります。詳しく調べていませんが、Frankfurt《ドイツの都市名》も地理から考えるとFrank(フランク族)と関係がありそうです。『アンネの日記』の著者であるAnne FrankはFrankfurtの生まれです。Mary Shelleyの小説『Frankenstein』は作中の主人公であるスイス人科学者の名前だそうですが、フランク族の子孫なんでしょう。米国カリフォルニア州の都市San Franciscoは聖フランシスコが由来となっていますが、Wikipedia(「アッシジのフランチェスコ」の項)の説明によれば、「織物商人であった父親が仕事上フランス語が非常に堪能だった(あるいはフランスびいきだった)ことから、母親のピカがすでにつけていた洗礼名(ジョヴァンニ)に満足せず、彼につけた」そうですから、やはりFrankを源とする名前のようです。漫画『One Piece』の登場人物であるフランキーはfrankなキャラクター設定から名づけられたのでしょうか。

以上のことから私と生徒が立てた仮説(1)(2)は当たらずも遠からずと言えなくもない?

興味本位でフランクと名のつく有名人をググってみました。
Frank Abagnale:米国の詐欺師。
Franck Muller:スイス人の時計師。
Frank Sinatora:米国人ジャズ歌手。
Frank Zappa:米国のロック歌手。
Frank Lloyd Wright:米国の建築家。
Frank Capra:米国の映画監督。
Frank Darabont:米国の映画監督。
Frankie Goes To Hollywood:英国のバンド。

ちなみにSam Cookeの『Frankie and Johnny』という曲が大好きです。

以上、frankづくしはここまで。


【追記】
lingua franca(共通語)は元は「フランク語」を意味するイタリア語です。つまりはフランク王国の言葉ということになります。
posted by cosa at 01:53| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。