2010年12月11日

一次試験結果

試験官の予告より二日遅れてようやく届きました。私の得点は62点で何とか一次試験を突破することできました。合格点ラインは60点で、ここ数回の試験よりは易しめだったということでしょう。封筒のなかには国連知識問題の不備についてお詫びの紙が入っており、その問題は全員正解とした旨が書かれていました。これ以外にも(問題に影響がないとはいえ)ミスがあったと思うんですけどね。

[T] 国連知識 7点
ここで7点稼いだのは大きかった。
[U] 読解(内容把握) 6点
前回より1点マイナス。
[V] 文法(誤文訂正) 4点
このパートも前回より1点マイナス。いまだに対策法がわかりません。
[W] 読解(語形変化) 6点
短時間で解いた割にはよかったと言えます。ここは時間をかけすぎない作戦が当たりました。
[X] 読解(言いかえ) 8点
付け焼刃ながらも勉強した成果がありました。単語はやれば点になります。
[Y] 空所補充 7点
感覚どおりです。単語学習をしておいてよかった。もしやってなかったら合格はなかったでしょう。
[Z] 読解(言いかえ) 7点
もっと前から準備していればもっと正解できたと思います。
[[] 読解(空所補充) 4点
やはり難しかったようです。時間があればもっと獲れたと思うのですが。
[\] エッセイ 13点
指定の語数を書けば、英作文を弱点とする私でも、これくらい点数はもらえるということ。ライティングにたどり着くまでのタイムマネージメントが最も大事なんだと思いました。


まさか一次試験を突破するとは予想しておらず、試験日から来年に向けて英単語学習ばかりしていました。何から始めたらいいのかわかりませんが、特A級合格者にふさわしい英語力を身につける方向で二次試験対策を模索したいと思います。
posted by cosa at 02:18| Comment(12) | 国連英検特A級への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます。私は60点ジャストで合格しました。まさか合格するとは思いませんでした。2次試験対策どうしていいかわかりませんが、植田一三の「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」をよく読んでいこうと思います。
Posted by えいちゃん at 2010年12月11日 08:23
えいちゃん様

おめでとうございます!一緒に合格できて大変うれしく思います。私も『英語で意見を…』を引っ張り出して読み返すことにします。二次面接試験に向けてがんばりましょう。
Posted by cosa at 2010年12月11日 09:33
一次突破おめでとうございます!
お互い、二次試験に向けて頑張りましょう!
Posted by ∞自由人∞ at 2010年12月11日 10:57
おめでとうございます!
一次試験終了後の記事を見て、cosaさんの合格を確信していました。

私は49点で撃沈しました。
もう一度、しっかりと勉強し直して来春リベンジしたいと思います。

二次試験、頑張って下さい!
Posted by fukken at 2010年12月11日 14:54
一次試験合格おめでとうございます!

二次面接は一次とはまるっきり違いますが、
ぜひ頑張ってください!
Posted by coolpenguins at 2010年12月11日 15:07
cosaさん、1次試験合格おめでとうございます。2次試験は人によっては?難しいですが、お互いに気合いを入れて頑張りましょう!
Posted by 土佐犬 at 2010年12月11日 15:54
∞自由人∞さん
fukkenさん
coolpenguinsさん
土佐犬さん

みなさまコメントありがとうございます。二次試験には1回で突破できると思っていません。それでも休日に巣鴨まで足を運ぶわけですからで、試験を楽しめる程度には努力したいと思います。同じく面接を受験される方々、がんばりましょう。会場でお会いすることになるのかもしれませんね。
Posted by cosa at 2010年12月12日 01:30
cosaさん
1次合格おめでとうございます。ご無沙汰しておりますTadです。
暫くブログの更新がなかったりでやきもきしておりましたが、さすがcosaさん初志貫徹頭が下がります。本当によかったですね。
とはいえこれからあの2次試験ですね。
準備のやり方は人それぞれ個性があると思うので私ごときのアドバイスはあまり役に立たないかもしれませんが、とにかく自信を持って身体ごと会話することが大切ではないかと思います。
自信を持つにはどうすればよいか。やはりよく準備するしかないと思います。
時事問題やらなんやら色々理解しないといけないことはあると思いますが、私が一番大事だと思うことは国連における日本の現状はどうなっているのか、今後はどうあるべきなのかについてしっかりした自分の意見をまず持つことだと思います。
あと何を答えるにしても自信を持って答えることだと思います。自分が納得できるようなことができるような答えを考え出すこと。それを表現する英語力。難しいとは思いますがそれを試されるのが特Aではないでしょうか。
何を言っても間違いということはありません。自信を持って試験に臨んでください。
私はというと今TOEICにはまっています。cosaさんには当分やめた方がいいとアドバイスした私ですが、なかなか自分の思うようなスコアが出ずいまドツボにはまっています。
お互い頑張りましょう。
Posted by at 2010年12月13日 13:15
cosaさんへ
一次試験合格おめでとうございます。ご無沙汰しておりますTadです。
暫くブログの更新がなくて少しやきもきしておりましたが、さすがはcosaさん初志貫徹され頭が下がります。本当によかったですね。
とはいえ今度は難関の2次試験、とにかく自信を持って望んでください。
自信を持って身体全体でしゃべることが説得力につながると思います。少なくとも私の場合は。
どうやれば自信がつくかは人それぞれだと思いますが、やはり充分準備をすることではないでしょうか。
しかしどんなに準備しても全てをカバーすることは無理でしょう。用意していなかったことも聞かれると思います。そんな時も自分自身の価値観を持って自分の納得できるような回答を見つける。そしてそれを適切な英語で表現する。超難しいと思います。しかし特Aってそういう力を評価される試験なのだと思います。ただたぶん試験官によってその許容範囲に違いがあり、ラッキーアンラッキーというのはどうしても出てくると思います。わたしはラッキーでしたが、それは考えても仕方ないですよね。とにかく悔いの無いように準備することだと思います。
その中でも必ず用意しておいた方がいいなと思うのは、国連における日本の現状の把握とあるべき姿とは何か、ここはご自分なりの意見を用意しておいたほうがいいと思います。
お正月がなくてかわいそうですがとにかく頑張ってください。
私はというとcosaさんにはTOEICの受験は暫くやめた方がいいとアドバイスしておきながら、自分はすっかりTOEICにはまっています。思うようなスコアが出ずにドツボ状態に陥っています。
お互い頑張りましょう。

Posted by Tad at 2010年12月13日 15:45
Tadさん

丁寧な助言をいただきありがとうございます。そして大きなヒントをいただきました。自分自身の価値観にしたがって自信を持って話す、ですね。国連についても国際情勢に対する問題意識も希薄ですので、情報収集と意見構築はこれからです。私が記事投稿をするなかで、またご指導いただければ幸いに存じます。

PS これだけの丁寧な投稿を消去してはもったいないので、誠に勝手ながら2つの投稿のそのままにさせていただきます。
Posted by cosa at 2010年12月14日 02:22
cosaさん

一次突破おめでとうございます。
素晴らしい英語力をお持ちでいながら
上を目指し続ける貪欲な気持ちと、
驕らない姿勢が素敵です。

これからも英語学習のお手本とさせていただきます。
Posted by KIYO at 2010年12月15日 12:14
KIYOさん

「素敵」という言葉にちょっと照れました。いつもコメントありがとうございます。私の周辺には特A級合格の価値を理解できる人はいないので、KIYOさんをはじめ高い英語力の方々に祝福のコメントをいただいて非常にうれしいです。ただ、喜ぶにはまだ早すぎます。本当に難関なのは面接試験ですから。より一層気を引き締めていきたいと思います。
Posted by cosa at 2010年12月16日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。