2011年01月22日

ボキャビル再開

国連英検二次試験後、英語学習をお休みしていましたが、今週からボキャビルを再開しています。

昔、永田祥さんに影響されて購入した『Vocabulary Workshop Level B(Sadlier-Oxford)』に、通勤電車の中だけですが、取り組んでいます。彼女の著書『中級の上をめざす英語トレーニング(中経出版)』で紹介されていた本です。購入した時点では実力不足のため挫折し、7年間以上もの間ずっと本棚の肥やしと化していた本です。

語彙レベルは英検準1級レベル〜1級レベルでしょうか。掲載された語はすでに知っているものが圧倒的に多いのですが、定義文や例文を読んだり同類語や反意語を確認することで、より深い理解して定着させていくことができます。たまに未知の単語に出合うので勉強になります。同じテキストを日本では手に入れることはできないようですが、公式サイトよりMP3の音声をダウンロードして耳からも学習するようにしています。
posted by cosa at 03:10| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて書き込みさせていただきます。
以前から拝見させていただいていました。

Vocaburaly Worshopの音声のご紹介ありがとうございました。
さっそく活用しています。レベルFまであるのですね。本は私もSHOWさんの本から買い求めていましたが
きれいなままです。

私は英検1級を目指しています。
まだまだ国連英検にまで行けませんが
たどり着けるように頑張りたいと思います。
どうもありがとうございました。
Posted by ダーマ at 2011年01月28日 17:17
ダーマさん

はじめまして。拙ブログをご訪問くださりありがとうございます。

Vocabulary Workshopは、SHOWさんも著書のなかで言及されていますが、解答がついていないのが玉に瑕です。構成や問題パターンなどは非常に練られているとてもよい教材なだけに、その点が残念でなりません。

おそらく当時の彼女は辞書を何度も引いて解答を確かめながら進めていったのでしょう。解答が即座に参照できる場合に比べて労力が余計にかかった分、高い語彙力をしっかりと身につけていかれたのではないでしょうか。そんなことを空想しながら、日々この本を進めています。level BはUnit15を残すだけとなりました。明日、明後日で終えて、来週からlevel Cに移行する予定です。

ダーマさんは英検1級を目指して勉強に励んでらっしゃるのですね。語彙、読解、聴解、作文、面接のどれをとても高水準の英語試験です。それらの力をバランスよく揃えるには大変な努力が必要になります。それだけに合格したとき、この上ない喜びと達成感に包まれると思います。そして英語力も相当ついています。粘り強く勉強されて合格を果たしてください。応援しています。
Posted by cosa at 2011年01月29日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。