2011年02月25日

ボキャビル一旦終了

一ヶ月ほど前から始めていた『Vocabulary Workshop(Sadlier-Oxford)』。所有しているレベルBとCの2冊を本日やり終えました。通勤電車のなかでコツコツやってきましたが、日曜に受験予定の「英単語検定」前に、どうにか終えることが出来てホッとしています。この本を進める間に数多くの未知語に出会い、多少なりとも単語力をアップさせることができたと思います。

とてもよく出来た単語本なのでぜひ他レベルにも取り組んでみたいのですが、現在日本では販売されておらず入手することができません。大変残念に感じます。日本のボキャビル本の多くは単なる「語句リスト」もしくは「例文集」に留まっていることが多いのですが、英米で使用されている本は、この『Vocabulary Workshop』のように、「定義」や「同類語・反意語」を確認させ、数パターンの「問題」を解かせて定着を図るタイプになっています。好みの問題といえばそれまでですが、語彙力に対する考え方が根本的に違うのでしょう。日本の単語本では試験対策として出題頻度重視の傾向が如実に現れているのに対して、英米のそれは正しい言葉の使い方を定着させていく工夫が感じられます。日本でもそのような本物のボキャビル本が登場するのを願っています。
posted by cosa at 02:08| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。