2011年02月27日

単検受けてきました

2010年度第6回英単語検定1級を受験してきました。

先月、国連英検の二次試験で訪れたばかりの巣鴨にまた行ってきたのです。会場はアジア文化会館で、1・3・5級の受験者が全員1つの部屋に詰め込まれたのには少々驚きました。まだ無名に近い検定試験だけに仕方ありませんね。1級は私を含め7名の受験者がいました。

問題は全100題。すべて4つの選択肢から選ぶタイプで、その構成は次のようになっています。
[1]英単語に適した和訳を選ぶ問題(35題)
[2]日本語に適した英訳を選ぶ問題(35題)
[3]定義文に適した英単語を選ぶ問題(15題)
[4]英単語に適した定義文を選ぶ問題(15題)

試験時間は45分間で、途中退出が可能となっています。英文読解などはなく、純粋に単語の問題だけなので、20分ほどで解き終え、見直しに15分ほどかけた後、途中で教室を出てきました。当然、わからない問題が結構あったのですが、知らない単語の意味や定義をいくら考えても無駄ですから。1級受験者の中で最初に退出したのが私です。

「英単語検定(単検)」は問題冊子を持ち帰る事ができます。試験後に辞書を引いて自ら採点をしてみたところ、86問正解することができました。合格ラインは正答率70%前後とのこと。合否の発表はまだ先ですが、合格しているのではないかと思います。

この「単検1級」ですが、レベル目安が「約12000語」となっているので、だいたい英検1級と同等と言えます。出題されている単語を見てみてもほぼ同水準だと感じます。自作の単語帳にある単語が相当数ヒットしていました。数え始めてみると40〜50語ありましたのでラッキーだったのかもしれません。リストに入っていない単語もありまし、見たことがる単語でも正確に意味や定義を把握していなかったものもありました。正解として選ぶべき問題だけに絞っても次のようなものが私には未知の単語でした。

contingent=不確かな、seminal=影響力の大きい、beget=生み出す、environs=周辺地域、filth=ののしり、sinew=腱、quay=波止場、induction=徴兵、stead=代理、upmarket=高級品市場、infirmity=慢性病、reprieve=刑執行を延期する、slick=如才のない、slither=ずるずる滑る、seethe=腹の虫が収まらない

初受験だったわけですが、この単語レベルは圧倒できるようしたいです。今回「単検」を受験することで、語彙力をもっと強化したいという気持ちが高まったのは収穫です。早起きして巣鴨までわざわざ行った甲斐がありました。またボキャビルを再開しつつ、2週間後の合格発表を待ちたいと思います。
posted by cosa at 21:01| Comment(0) | 英語資格試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。