2011年03月16日

所要時間

現在『新TOEIC TESTスピードマスター完全模試(Jリサーチ出版)』に取り組んでいます。リーディング・パート(R)のみですが、今日までに全300問を解き終えました。100問を解いて、その後解説を読んだり、単語や解説等を書きだしたりすると、だいたい2時間かかっています。5月の本番までにリスニングとリーディングの両パートを合わせて2000問を目標にしていますが、リーディング・パート(R)の計1000問を解き終えるのに20時間要することになります。単純計算で、リスニングも、リーディングと同様に、100問につき2時間の学習時間かかると仮定すると、概算で20時間かかります。LとRの合計で2000問、学習時間40時間というのが何となく見えてきました。40H程度の学習時間で本当にスコアアップするのか不安がないわけではありません。でも前進する限りは力が下がることはありませんから、このまま続けていきます。
posted by cosa at 23:01| Comment(0) | TOEIC990への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。