2007年06月06日

新しく生まれる発音

英語にはスペリングからは想像もできないような読み方をする単語があります。例えば、womenの"o"はなぜ[i]と発音されるのでしょうか。あと私の中で不思議なのはoneです。alone, bone, cone, hone, phone, stone, tone, zone等の規則性からいえば、[oun]と読むのが妥当かなと思うのです。 "w'の音から読み始めることも疑問です。

閑話休題。単語の発音が新しくうみ出されることがあります。教師が口酸っぱく指摘していた読み方の間違いがいつかは正しくなることも…。ジーニアスで発見した例を少し取り上げます。
one
◆(英)では[ウォン]が増えつつある
say
says[セズ] 時に[セイズ]
guerilla
◆gorillaと区別するために[ゲリラ]と発音することもある
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館
posted by cosa at 17:59| Comment(0) | 発音・アクセント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。