2007年06月15日

達人の視点 #2

第2回は英語コーチングスクール『プレゼンス』会長の杉村太郎さんです。
私にとってノートとは、自分がまだ理解できていないこと、頭に入っていないことを書きとめておく道具です。すでに頭に入っていることを書くのは、時間のムダ。何が理解出来ていないか、ノートを見ればすぐわかるようにしておくことが大事なのです。
杉村太郎『できる人の英単語長&ノート術』アスコム

ノートは何のために作るのか。この視点を欠いたまま漫然とノートをとっている生徒が多い。書き写すのが彼らの義務になっているかのようです。もちろんノートをとること自体に学習効果はあるでしょう。しかし、それだけではノートを十分に活用しているとはいえない。

弱点を克服するため、解いた問題を分析するためにノートを生かしたいですね。単語を覚えるために必要な情報を辞書で調べて書き出す。間違った問題の解説を書き写す。気の利いた表現を書き貯める。語呂合わせや語源を書き留める。すべては理解を助けるためです。その記録を綴ったものがノートであり、ノートを作ることがあなたの英語学習の効果を上げてくれるのです。
posted by cosa at 20:36| Comment(0) | 達人の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。