2007年07月05日

Shame on you, Mr. Bush

ドキュメンタリー映画監督のMichael Moore(マイケル・ムーア)氏が、2003年『Bowling for Columbine(ボーリング・フォー・コロンバイン)』でアカデミー賞を受賞しました。そのときのスピーチがあまりにも有名。実際にテレビでご覧になった方も多いと思います。fictitious(うその、虚偽の)が何と6回も登場します。繰り返しは訴える手段の1つですね。文法的におもしろいなと思ったのが、関係副詞whereと先行詞のa timeの関係です。時をあらわすはずのtimeを「場所」を見なして使っています。YouTubeの動画はこちらです。
On behalf of our producers Katheleen Glynn and Michael Donovan from Canada, I'd like to thank the Academy for this.

I've invited my fellow documentary nominees on the stage with us, and we would like to...they are here, they are here in solidarity with me because we like nonfiction.

We like nonfiction and we we live in fictitious times. We live in a time where we have fictitious election results that elects a fictitious president.

We..we live in a time where we have man sending us to war for fictitious reasons. Whether it's the fictition of duct tape or the fictitious orange alerts, we are against this war, Mr. Bush.

Shame on you, Mr. Bush. Shame on you. And any time you've got the Pope and the Dixie Chicks against you, your time is up.

Thank you very much.
【glossary】on behalf of 〜を代表して in solidarity with 〜と連帯して  Pope ローマ法王  
posted by cosa at 04:19| Comment(0) | スピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。