2007年07月31日

達人の視点 #11

第11回は予備校講師の池田和弘さんです。
私はこれまで仕事などを通じて数多くの"達人"たちと出会ってきたが、彼らに一様に共通している点は、"鬼のようなインプット"である。…1日3時間やそこらのリスニングは当たり前。日曜日などは朝から晩まで国際誌や英字新聞を読んでいる。
池田和弘『TOEIC最強の学習法』日本実業出版

私の想像をはるかに超えて、達人たちは圧倒的なインプット量を日々こなしているのだなあ。インプット不足を痛感します。英語を読んだり、聴いたり、覚えたりする量を爆発的に増やしていきたい。とくにリーディングをもっともっとやらねば。
posted by cosa at 04:40| Comment(2) | 達人の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インプットですか、、、ひまがあればCNN EEなどを聞くようにしていますが、どんなに寄せ集めても1日1時間足らず!しか聞いてないです。読むほうも全く、、、(汗)少しでも達人の域に近づけるようがんばらなくちゃ!と思います。
Posted by kazkaz at 2007年07月31日 05:27
kazkazさん、こんにちは。

1時間もリスニングできたらすごいですよ!
私も1時間くらいは聴き取りに割きたい。
私はディクテーションのような時間のかかる作業は苦手で
音声を流しているだけになってしまいます。
それも日々30〜40分程度。
CNNでもEEでも聞き取れない部分は多々あるわけで、
そこにフォーカスした練習が足りないなと…。
反省しながらも取り組めずにいます。
Posted by cosa at 2007年07月31日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。