2007年08月02日

達人の視点 #12

第12回は英語学校講師の鈴木康さんです。
大事なことは、大量の英文に接する中で英語の思考に慣れ、同時にそこに含まれる語いをたくさん身につけていくことです。それが成功への最も確実な方法です。
鈴木康『english x english ネイティブ式最適学習法』Linkage Club

鈴木さんは、The Japan Times記者の伊藤サムさんと同様に、やさしい英語の大量インプットを推奨されています。有名なSSS英語学習法もまた、やさしいペーパーバックを使って多読とシャドーイングによる英語力強化を薦めています。

目指すべき英語レベルにもよると思いますが、日本人英語学習者の多くに欠けているのは大量の英語インプット。リーディングやリスニングを通じての入力不足を多くの専門家が指摘しています。達人たちの言葉を肝に銘じて、英語の大量インプットにひたすら打ち込みたいと思う今日この頃です。
posted by cosa at 02:14| Comment(0) | 達人の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。