2007年08月17日

So Long And Thanks For All The Fish

Dictation(ディクテーション)は聴解力のbrushup(磨き直し)に有効な学習法です。同時に、時間がかかる非常に手間のかかる学習法でもあります。Dictationが効果的なmethod(方法)であることは知りつつも、なかなか取り組めずにいます。単に面倒くさがりであることと、根気が足りないからです。そこで私の場合、真剣にディクテーションに取り組んでらっしゃる英語学習者には大変失礼かと存じますが、気晴らし程度に楽しみながら取り組むことにしています。

今回は映画『THE HITCHHIKERS' GUIDE TO THE GALAXY(銀河ヒッチハイク・ガイド)』の冒頭で流れるナレーションをディクテーションのネタにします。YouTubeの動画はこちらからどうぞ。遊び心のある歌もお楽しみください。

英文の語数は全部で139語。私は14語間違えましたので、正答率は89.9%。theirをtheと聞き違えたり、assumedとすべきところをseemedとしてしまいました。聴解力もないのですが、単語の運用能力が不足気味であることを痛感します。

正しい英文は以下になります。
SO LONG AND THANKS FOR ALL THE FISH
It's an important and popular fact that things are not always what they seem. For instance, on the planet Earth, Man had always assumed that HE was the most-intelligent species occupying the planet, instead of the THIRD most-intelligent. The second most-intelligent creatures were, of course, dolphins who - curiously enough - had long known of the impending destruction of the planet Earth. They made many attempts to alert Mankind to the danger, but most of their communications were misinterpreted as amusing attempts to punch footballs or whistle for tidbits. So they eventually decided they would leave Earth by their own means. The last-ever dolphin message was misinterpreted as a surprisingly sophisticated attempt to do a double backward somersault through a hoop while whistling "The Star-Spangled Banner". But, in fact, the message was this:

(ding)

"SO LONG AND THANKS FOR ALL THE FISH!"

追記
以前の書いた人生、宇宙、すべての答えという記事はこの『銀河ヒッチハイク・ガイド』という映画に関係があります。興味ある方はぜひご一読または再読を。

追記2
ミュージカル仕立てにした動画をYoutubeで見つけました。こちらです。みんなほんとに楽しそう。
posted by cosa at 18:49| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。