2007年10月23日

達人の視点 #14

第14回は言語学者の黒田龍之助さんです。
外国語学習にとってもっとも大切なこと、それはやめないことである。「続けること」なんていう積極的なものではない。とにかくやめない。諦め悪く、いつまでたってもその外国語と付き合っていこうという、潔くない未練たらしい態度が必要なのである。
黒田龍之助『外国語の水曜日』現代書館

これは私にはすごく「救い」になった言葉です。「継続は力なり」とは言いますが、人は挫折するものです。私は何度も英語の勉強を止めそうになりました。もうこれくらいでいいかなと幾度も思いました。挫折はしたけれど決してやめなかった。あきらめなくてよかった。今の英語力があるのはこの黒田さんの言葉のおかげです。これからも英語はやめません、絶対に。
posted by cosa at 01:22| Comment(0) | 達人の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。