2010年11月15日

frank

次の例文にあるようにfrankには「率直な、隠し立てをしない」という意味があります。
We had a frank discussion about all aspects of the problem.
問題のあらゆる面を率直に話し合った。
『アンカーコズミカ英和辞典』学研


このfrankという単語、どうしてこんな意味があるんでしょう。生徒とともに以下のような仮説を立てました。
(1) Frank XXXというある人物が「素直に意見をいう人」だったから。
(2) フランクフルト(ソーセージ)はだれにも遠慮せず自由に食べられるから?

辞書を引いてみると語源がちゃんと載っていました。
【原義:ガリア地方のフランク族(Frank)が自由民であったことから→frankly】
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館


それでは、フランク族ってどこにいたのかなと思って調べると、彼らが建国したフランク王国(481-843)は現在のフランスやドイツ、イタリア北部などにまたがっていました。フランク王国は後年、西フランク王国、中フランク王国、そして東フランク王国に分裂しますが、そのうちの西フランク王国は現在のフランスの基礎となっています。つまりFrank→Franceになったわけです。さらに言葉の源を辿れば、Frank(フランク族)は彼らの使っていた武器であるfrancisca(フランキスカ)と呼ばれる戦闘用斧からついたという説があるのだそうす。

franchise(フランチャイズ、加盟権)も同じ語源になります。詳しく調べていませんが、Frankfurt《ドイツの都市名》も地理から考えるとFrank(フランク族)と関係がありそうです。『アンネの日記』の著者であるAnne FrankはFrankfurtの生まれです。Mary Shelleyの小説『Frankenstein』は作中の主人公であるスイス人科学者の名前だそうですが、フランク族の子孫なんでしょう。米国カリフォルニア州の都市San Franciscoは聖フランシスコが由来となっていますが、Wikipedia(「アッシジのフランチェスコ」の項)の説明によれば、「織物商人であった父親が仕事上フランス語が非常に堪能だった(あるいはフランスびいきだった)ことから、母親のピカがすでにつけていた洗礼名(ジョヴァンニ)に満足せず、彼につけた」そうですから、やはりFrankを源とする名前のようです。漫画『One Piece』の登場人物であるフランキーはfrankなキャラクター設定から名づけられたのでしょうか。

以上のことから私と生徒が立てた仮説(1)(2)は当たらずも遠からずと言えなくもない?

興味本位でフランクと名のつく有名人をググってみました。
Frank Abagnale:米国の詐欺師。
Franck Muller:スイス人の時計師。
Frank Sinatora:米国人ジャズ歌手。
Frank Zappa:米国のロック歌手。
Frank Lloyd Wright:米国の建築家。
Frank Capra:米国の映画監督。
Frank Darabont:米国の映画監督。
Frankie Goes To Hollywood:英国のバンド。

ちなみにSam Cookeの『Frankie and Johnny』という曲が大好きです。

以上、frankづくしはここまで。


【追記】
lingua franca(共通語)は元は「フランク語」を意味するイタリア語です。つまりはフランク王国の言葉ということになります。
posted by cosa at 01:53| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

イディオム・クイズ A and Bタイプ

第5回となりましたイディオム・クイズ。今回は「A and B」タイプの特集です。
(1) But the whole country isn't (1. down and out 2. up and down 3. out and out 4. up and about), and if Obama were to ask voters if their lives have improved over the last two years, many could credibly answer yes.

(2) A new Polio vaccine is helping leaps and (1. bounces 2. bounds 3. hops 4. jumps) in eradicating the epidemic of Polio from the country.

(3) With just nine days left until the election, Republican Congressional candidate Charles Djou and Democratic challenger Colleen Hanabusa are (1. neck and neck 2. neck on neck 3. neck for neck 4. neck in neck), according to the results of our new poll.

(4) Barry is now working on thoroughly rewriting the "rough and (1. exact 2. general 3. ready 4. simple)" online version, which he always considered a first draft, for the print version due late next year.

(5) Similarly, where there is big money involved – the corruption will most likely find its roots dug deep into the system. It is literally under every stone you turn. And, by now, most of us in India have learned to live with corruption as a part and (1. part 2. whole 3. portion 4. parcel) of our life.

(5) Dr. Vangsness sees a lot of (1. bear 2. wear 3. fear 4. pear) and tear in athletes. He gives his patients five simple tips that can help prevent and lessen the pain of osteoarthritis.

(6) Getting sympathetic (1. note 2. nobility 3. rank 4. scoundrel)-and-file union members to vote is a top concern for Democrats in a year that has seen widespread disenchantment with the economy and Democratic leadership in Washington.

(7) One such campaign was the “(1. spit and polish 2. wipe and clean 3. dust and buff 4. scrub and shine) campaign”, which ended the practice of firefighters cleaning equipment unnecessary (mainly brass fittings), cleaning toilets and windows, with firefighters instead doing meaningful work such as fire prevention, inspections and training in return for a living wage.

(8) Markets were (1. in twos and threes 2. at sixes and sevens 3. five-and-ten 4. number one and number two)last night, not sure whether the latest Chinese economic data were good or bad.

(9) More than 30 student volunteers work to create gardens, plant trees and keep the school's playground (1. easy and cozy 2. neat and clean 3. brick and mortar 4. spick and span).

(10) As ward members we will (1. fight tooth and nail 2. cost an arm and a leg 3. keep body and soul together 4. live from hand to mouth) to oppose these plans which are patently unfair.

それでは正解をみてみましょう。
(1) But the whole country isn't (1. down and out), and if Obama were to ask voters if their lives have improved over the last two years, many could credibly answer yes.
[解説]1. down and out(無一文の、落ちぶれて)

(2) A new Polio vaccine is helping leaps and (2. bounds) in eradicating the epidemic of Polio from the country.
[解説]2. by leaps and bounds(とんとん拍子に、一足飛びに)

(3) With just nine days left until the election, Republican Congressional candidate Charles Djou and Democratic challenger Colleen Hanabusa are (1. neck and neckk), according to the results of our new poll.
[解説]1. neck and neck(負けず劣らず、競り合って)

(4) Barry is now working on thoroughly rewriting the "rough and (3. ready)" online version, which he always considered a first draft, for the print version due late next year.
[解説]3. rough and ready(間に合わせの、粗雑な)

(5) Similarly, where there is big money involved – the corruption will most likely find its roots dug deep into the system. It is literally under every stone you turn. And, by now, most of us in India have learned to live with corruption as a part and (4. parcel) of our life.
[解説]4. part and parcel(重要部分、本質的部分)

(5) Dr. Vangsness sees a lot of (2. wear) and tear in athletes. He gives his patients five simple tips that can help prevent and lessen the pain of osteoarthritis.
[解説]2. wear and tear(磨耗、消耗、擦り切れ)

(6) Getting sympathetic (3. rank)-and-file union members to vote is a top concern for Democrats in a year that has seen widespread disenchantment with the economy and Democratic leadership in Washington.
[解説]3. rank and file(指導者に追随する)

(7) One such campaign was the “(1. spit and polish) campaign”, which ended the practice of firefighters cleaning equipment unnecessary (mainly brass fittings), cleaning toilets and windows, with firefighters instead doing meaningful work such as fire prevention, inspections and training in return for a living wage.
[解説]1. spit and polish(完璧な身だしなみ)

(8) Markets were (2. at sixes and sevens)last night, not sure whether the latest Chinese economic data were good or bad.
[解説]1. in twos and threes(三々五々、ちらほら) 2. at sixes and sevens(乱雑に、混乱して) 3. five and ten(日用雑貨店) 4. 幼児語でnumber one(おしっこ)number two(うんち)

(9) More than 30 student volunteers work to create gardens, plant trees and keep the school's playground (4. spick and span).
[解説]3. brick and mortar(店舗経営の) 4. spick and span(とてもこぎれいな)

(10) As ward members we will (1. fight tooth and nail) to oppose these plans which are patently unfair.
[解説]1. fight tooth and nail(死に物狂いで戦う) 2. cost an arm and a leg(莫大な費用がかかる) 3. keep body and soul together(どうにか暮らしていく) 4. live from hand to mouth(その日暮らしをする)
posted by cosa at 02:25| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

イディオム・クイズ 身の回りのもの編

第4回は「身の回りのもの(名詞)」を用いたイディオムを10題用意しました。Let's give it a shot!
(1) "Even with the September rebound, the level of selling activity is still nothing to write (1. history 2. account 3. home 4. family) about," said economist Jay Feldman of Credit Suisse.

(2) Members of the cabinet have been meeting all day to (1. nail 2. saw 3. hammer 4. rake) out a plan to deal with our economic crisis.

(3) Don't try to pull the (1. curtain 2. wool 3. towel 4. mask) over my eyes with this cockamamie story about needing to cover the bond debt.

(4) Federal prosecutors have asked a judge to throw the (1. chair 2. pen 3. vase 4. book) at hedge fund fraudster James Nicholson for his $140 million Ponzi scheme.

(5) Two well-known literary luminaries who also happen to be Glenview residents will talk (1. store 2. department 3. market 4. shop) in a fundraising evening for Glenview Elementary School

(6) Byron Council is due to face the (1. music 2. song 3. tune 4. melody) today and decide what direction it will take with its controversial major events policy.

(7) An Israeli Knesset member on Monday sought to turn the (1. channels 2. dishes 3. tables 4. doors) on the US (and the wider Western world) by calling for an international investigation into American military activities in Iraq and the arrest of American “war criminals.”

(8) In a joint statement, Fator and McEntee tell TMZ they're happy to bury the (1. knife 2. glove 3. hatchet 4. money).

(9) But clearly the Commonwealth Bank can see the writing on the (1. window 2. wall 3. ceiling 4. door). They can see that the power station has a very limited future and they're also not anticipating much in the way of compensation

(10) High taxes and red (1. ribbon 2. carpet 3. flag 4. tape) make it difficult for employers to stay or expand in our state.


それでは答え合わせです。
(1) "Even with the September rebound, the level of selling activity is still nothing to write (3. home) about," said economist Jay Feldman of Credit Suisse.
[解説]3. write home about(〜を特筆する、自慢する)

(2) Members of the cabinet have been meeting all day to (3. hammer) out a plan to deal with our economic crisis.
[解説]3. hammer out(案出する、考え出す)

(3) Don't try to pull the (2. wool) over my eyes with this cockamamie story about needing to cover the bond debt.
[解説]2. pull the wool over one’s eye(人を欺く、人の目から逃れる)

(4) Federal prosecutors have asked a judge to throw the (4. book) at hedge fund fraudster James Nicholson for his $140 million Ponzi scheme.
[解説]4. throw the book at(最大限に罰する、終身刑にする)

(5) Two well-known literary luminaries who also happen to be Glenview residents will talk (4. shop) in a fundraising evening for Glenview Elementary School
[解説]4. talk shop(自分の商売/専門のことばかり話す)

(6) Byron Council is due to face the (1. music) today and decide what direction it will take with its controversial major events policy.
[解説]1. face the music(進んで難局に当たる、招いた結果を潔く受け止める)

(7) An Israeli Knesset member on Monday sought to turn the (3. tables) on the US (and the wider Western world) by calling for an international investigation into American military activities in Iraq and the arrest of American “war criminals.”
[解説]3. turn the tables on(〜に対して形成を逆転させる、主客転倒する)

(8) In a joint statement, Fator and McEntee tell TMZ they're happy to bury the (3. hatchet).
[解説]4. bury the hatchet(和睦する、和解する)

(9) But clearly the Commonwealth Bank can see the writing on the (2. wall). They can see that the power station has a very limited future and they're also not anticipating much in the way of compensation.
[解説]2. the writing on the wall(差し迫った危難の知らせ)

(10) High taxes and red (4. tape) make it difficult for employers to stay or expand in our state.
[解説]4. red tape(官僚的形式主義的)
posted by cosa at 23:29| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イディオム・クイズ 自然・植物・食品編

第3回は「自然・植物・食品」に関するイディオムを10題用意しました。Enjoy!
(1) Jay-Z has decided to nip rumors in the (1. sprout 2. shoot 3. bloom 4. bud) before they even start and announce that Beyonce won't be joining him on stage in Australia and that the couple are not expecting their first baby.

(2) Despite all their successes in the US and abroad, despite their rampant international expansion, despite their vaunted mainstream acceptance, a network TV deal has never fully come to (1. flowering 2. fruition 3. ripening 4. harvest).

(3) Pollution seems to be a political hot (1. pumpkin 2. potato 3. cabbage 4. carrot) these days, especially when it comes to the Chesapeake Bay.

(4) In the NBA, you can't have your (1. apple 2. bread 3. cake 4. pudding) and eat it, too. You can build a championship team, but that probably means enduring a few brutal years, and enjoying the high lottery choices that come with them.

(5) Mexico was patient, but the last (1. fruit 2. grass 3. bean 4. straw) was the 2008 cancellation of a pilot project testing the safety of Mexican trucks

(6) Google, software company with a finger in every (1. honey 2. pie 3. cake 4. sugar), has now entered the autonomous vehicle field.

(7) With all this heated conflict in the (1. water 2. air 3. fog 4. darkness), some perspective is necessary.

(8) Savers need to know how much they can (1. sugar 2. season 3. salt 4. pepper) away for their retirement, but the wholesale reform proposed by the last government left many scratching their heads.

(9) In a country where there is no financial discipline, and poverty and corruption rule the (1. roost 2. nest 3. den 4. mistletoe), it will be unthinkable to spend Rs 50000 crore on a two-week sports spectacle.

(10) COMMENTING RULES: We encourage an open exchange of ideas in the PNWLocalNews.com community, but we ask you to follow our guidelines for respecting community standards. In a (1. nutshell 2. seed 3. berry 4. sprout), don't say anything you wouldn't want your mother to read.


それでは正解を見てみましょう。
(1) Jay-Z has decided to nip rumors in the (4. bud) before they even start and announce that Beyonce won't be joining him on stage in Australia and that the couple are not expecting their first baby.
[解説]4. nip A in the bud(未然に防ぐ)

(2) Despite all their successes in the US and abroad, despite their rampant international expansion, despite their vaunted mainstream acceptance, a network TV deal has never fully come to (2. fruition).
[解説]2. come to fruition(達成する、実現する、成就する)

(3) Pollution seems to be a political hot (2. potato) these days, especially when it comes to the Chesapeake Bay.
[解説]2. hot potato(困難な問題、難題、難局)

(4) In the NBA, you can't have your (3. cake) and eat it, too. You can build a championship team, but that probably means enduring a few brutal years, and enjoying the high lottery choices that come with them.
[解説]3. You can’t eat your cake and eat it.(物事は両立しない)

(5) Mexico was patient, but the last (4. straw) was the 2008 cancellation of a pilot project testing the safety of Mexican trucks
[解説]4. the last straw(忍耐の限界を越えさせるもの)

(6) Google, software company with a finger in every (2. pie), has now entered the autonomous vehicle field.
[解説]2. have a finger in the pie(関与する)

(7) With all this heated conflict in the (2. air), some perspective is necessary.
[解説]2. in the air(漠然とした、未決定で)

(8) Savers need to know how much they can (3. salt) away for their retirement, but the wholesale reform proposed by the last government left many scratching their heads.
[解説]3. salt away(こっそり蓄える)

(9) In a country where there is no financial discipline, and poverty and corruption rule the (1. roost), it will be unthinkable to spend Rs 50000 crore on a two-week sports spectacle.
[解説]1. rule the roost(支配する、牛耳る)

(10) COMMENTING RULES: We encourage an open exchange of ideas in the PNWLocalNews.com community, but we ask you to follow our guidelines for respecting community standards. In a (1. nutshell), don't say anything you wouldn't want your mother to read.
[解説]1. in a nutshell(ごく簡単に、ほんの一言で)
posted by cosa at 02:53| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

イディオム・クイズ 身体編

第2回は「身体」に関するイディオムを10題用意しました。Enjoy!
(1) He made a risky investment. He (1. stuck his neck out 2. put his neck up 3. projected his neck 4. gave his neck) for the deal because he thought he could make some big money.

(2) Bella had to wait for Jill so she passed the time (1.thumbing 2. fingering 3. palming 4. knuckling) through magazines.

(3) That actor is getting a little long in the (1. neck 2. brow 3. face 4. tooth) to play the romantic lead.

(4) He always has his best (1. foot 2. nose 3. face 4. heart) forward when speaking to his constituents.

(5) As a rule-of-(1. thumb 2. finger 3. toe 4. ankle), a ten dollar increase in the price of a barrel of crude, translates into a 24 cent increase in a gallon of gas, and vice versa.

(6) Christ was always there to help me face that fear rather than bury my (1. head 2. feet 3. shoulders 4. hands) in the sand like an ostrich.

(7) Don't take my criticism to (1. head 2. mind 3. heart 4. spirit).

(8) It was a Girls Night In but a few brave men were there to wait (1. hand in hand 2. on their hands and knees 3. with a heavy hand 4. hand and foot) on more than 500 women.

(9) That law has no (1. nails 2. bones 3. tooth 4. nerves).

(10) Flexing your (1. white 2. blue 3. red 4. gray) matter daily, with a class in conversational Esperanto or after-dinner Sudoku tournaments, may help you reach 81 with a brain like that of an 18-year-old.


それでは答え合わせをしましょう。
(1) He made a risky investment. He (1. stuck his neck out) for the deal because he thought he could make some big money.
[解説]1. stick someone's neck out(自ら危ない目にあう)

(2) Bella had to wait for Jill so she passed the time (1.thumbing) through magazines.
[解説]1. thumb through(手早くめくる、ざっと読む)

(3) That actor is getting a little long in the (4. tooth) to play the romantic lead.
[解説]4. long in the tooth(年をとった、年老いた、老けた)

(4) He always has his best (1. foot) forward when speaking to his constituents.
[解説]1. put one's best foot forward(最善の努力をする)

(5) As a rule-of-(1. thumb), a ten dollar increase in the price of a barrel of crude, translates into a 24 cent increase in a gallon of gas, and vice versa.
[解説]1. rule of thumb(経験則)

(6) Christ was always there to help me face that fear rather than bury my (1. head) in the sand like an ostrich.
[解説]1. bury someone's head in the sand(事実を見ようとしない)

(7) Don't take my criticism to (3. heart).
[解説]3. take to heart(深く心に刻む、まじめに考える)

(8) It was a Girls Night In but a few brave men were there to wait (4. hand and foot) on more than 500 women.
[解説]1. hand in hand(手を取り合って) 2. on their hands and knees(四つん這いになって) 3. with a heavy hand(きびしく、厳格に) 4. hand and foot(忠実に、まめまめしく)

(9) That law has no (3. tooth)
[解説]3. tooth(法の規制力)

(10) Flexing your (4. gray) matter daily, with a class in conversational Esperanto or after-dinner Sudoku tournaments, may help you reach 81 with a brain like that of an 18-year-old.
[解説]4. gray matter(脳みそ、知能)
posted by cosa at 02:05| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イディオム・クイズ 動物編

実に2ヶ月ぶりの更新になります。英語学習は数ヶ月にも渡って休止しており、書くべきネタがありませんでした。ようやく先週水曜から国連英検に向けて単語暗記を始めたところです。今更ながら語彙力の低下を痛感しています。毎日コツコツ学習を続けて、合格水準まで高めていきたいと思っています。

さて、現在何を使って学習をしているかというと、ずいぶん前にブックオフで見つけて買ったまま手をつけていなかった『英検1級 語い・イディオム問題ターゲット(旺文社)』を本棚から取り出し、通勤電車のなかで取り組んでいます。全体の5分の4を解き終えましたが、イディオムのほとんどは知らないものばかり。実際に試験に出るかどうかはさておき、新聞や雑誌ではイディオムがよく使われます。何かの記事で出会うたびに調べて覚えていくしかないのでしょうが、ブログの記事にすることで記憶を強固なものにしていこうと考えました。さまざまなイディオムをクイズに仕立てますので、いっしょに楽しんでいただければ幸いです。

それで今回は「動物」に関するイディオムを10題用意しました。Enjoy!
(1) I've got nothing against advertising, but I do have a (1. pork 2. beef 3. chicken 4. mutton) with how many bad ads there are on TV.

(2) Why don't you take the bull by the (1. mane 2. tail 3. hoofs 4. horns) and tell him to leave?

(3) We can't get on our high (1. horse 2. rooster 3. hound 4. alligator) and judge other countries by our own standards.

(4) We had (1. a whale 2. an elephant 3. a mammoth 4. a bear) of a time at Sally's birthday party. Enjoy your vacation!

(5) Sally cooked Bob's (1. chicken 2. goose 3. duck 4. hen) for treating her the way he did.

(6) Does every family really have a "black (1. bird 2. dog 3. sheep 4. cow)?" According to Ancestry.com, one in eight Americans has a felon in their family tree.

(7) It was terribly crowded there. We were (1. a bull in a china shop 2. a dog in the manger 3. the big elephant in the room 4. packed in like sardines).

(8) For Maria, knitting a sweater is (1. lion's share 2. a goose egg 3. snake oil 4. duck soup).

(9) I wasted all afternoon on a (1. wild-goose chase 2. a bee in my bonnet 3. cock-and-bull story 4. a horse of a different color).

(10) He declined to come along to the movie, saying he had (1. other fish to fry 2. let the cat out of the bag 3. ants in his pants 4. neither fish nor fowl).


それでは答え合わせをしましょう。
(1) I've got nothing against advertising, but I do have a (2. beef) with how many bad ads there are on TV.
[解説]2. beef(不平、不満)

(2) Why don't you take the bull by the (4. horns) and tell him to leave?
[解説]4. take the bull by the horns(勇敢に立ち向かう)

(3) We can't get on our high (1. horse) and judge other countries by our own standards.
[解説]1. get on someone's high horse(いばる、偉そうにする、傲慢な態度をとる)

(4) We had (1. a whale) of a time at Sally's birthday party. Enjoy your vacation!
[解説]1. a whale of(並外れてすばらしい[大きな])

(5) Sally cooked Bob's (2. goose) for treating her the way he did.
[解説]2. cook someone's goose(人の希望[計画・名声など]を台無しにする)

(6) Does every family really have a "black (3. sheep)?" According to Ancestry.com, one in eight Americans has a felon in their family tree.
[解説]3. black sheep(やっかい者、嫌われ者)

(7) It was terribly crowded there. We were (4. packed in like sardines).
[解説]1. a bull in a china shop(がさつな人) 2. a dog in the manger(いじわるな人) 3. the big elephant in the room(やっかいな問題) 4. packed like sardines(すし詰めになって)

(8) For Maria, knitting a sweater is (4. duck soup).
[解説]1. lion's share(大部分) 2. a goose egg(零点) 3. snake oil(いんちき) 4. duck soup(やさしいこと、たやすいこと)

(9) I wasted all afternoon on a (1. wild-goose chase).
[解説]1. wild-goose chase(無益な追求、むだな企て) 2. a bee in my bonnet(凝っている) 3. cock-and-bull story(ばかばかしい作り話) 4. a horse of a different color(別問題)

(10) He declined to come along to the movie, saying he had (1. other fish to fry).
[解説]1. have other fish to fry(他にすべきことがある) 2. let the cat out of the bag(うっかり秘密を漏らす) 3. ants in his pants(そわそわして落ち着かない) 4. neither fish nor fowl(どっちつかずである)
posted by cosa at 00:46| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

polyvalent

いま世の中はWorld Cup Soccerの話題で持ちきり。日本代表が戦前の予想以上に活躍を見せているからでしょう。普段ほとんど気にもとめないサッカーのニュース記事に自然と目が行き、一心に読んでいる自分がいます。

前日本代表監督であるイビチャ・オシム氏の鋭い分析を読む中で、次の言葉に目に飛び込んできました。「本田は素晴らしい選手で複数のポジションでプレーできるポリバレント性を持ち、勇気があり、集中力もある。」Yahooスポーツの記事ですが、こんなに珍しい言葉をカタカナのまま使うとはなんて不親切なんだろうかと多少憤りを感じながら読んでいました。

調べてみると英和辞典にはpolyvalent([化]多価の、多機能の)とあり、接頭語poly-(多くの)と接尾語-valent(〜の力を持つ)の組み合わせとなっています。さらにGoogleで検索をかけてみると、どうやらオシム氏が好んで使う言葉であるらしいことがわかりました。さらには日本のWikipediaのユーティリティプレーヤーの項にしっかりと説明が載っていることに驚きました。

それではこの言葉はサッカー用語として果たして英語圏でも同じように使われているのでしょうか。オシム氏が使ったために日本だけで知られるようになった単なる化学用語なのでしょうか。そういうことを検証するのにインターネットは極めて有用です。実際にサッカー用語として使用されている記事が見つかりました。
Just for Kicks
What’s more, Spain seems to be mastering the art of producing polyvalent skilful players, a quintessential attribute in modern football.


ちなみにこの記事のタイトルがまたイディオムになっています。just for kicks(刺激を求めて)

日本の英和辞典や英辞郎にはまだ掲載されていないようですが、今後検討してもいいかもしれません。
posted by cosa at 23:38| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

third degree

辞書をパラパラ読んでいたら面白い表現に出くわしました。辞書によればgive sb the third degreeで「きびしい尋問、拷問」となります。英英辞典による定義は次のようになります。
third degree n. Mental or physical torture used to obtain information or a confession from a prisoner.
『The AMERICAN HERITAGE COLLEGE DICTIONARY 4th edition』

語源は明らかになっておらず、いくつかの説があるようです。これを知らなければ、このStar Trekの動画タイトルの持つ意味に気づけなかったです。
posted by cosa at 01:39| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

春夏秋冬と昼夜

春は英語でspring。これを読んでいる方であれば、springには「春」の他に「泉」や「ばね」の意味があることはご存知でしょう。春は地中から上に向かって湧き上がる、跳ねるイメージの言葉です。形容詞vernal(春の)は「青春の」という意味を持ちますが、漢字から察するに日英とも共通のイメージを持っているようです。同名の洗顔石鹸ブランドが有名ですが、人生の春を取り戻そうということなのでしょうね、きっと。Vernal Equinox Dayで「春分の日」となります。また、primavera(春)という外来語もあります。イタリア人画家ボッティチェリの代表作La Primaveraが有名です。

夏はsummer。本日、4月21日は東京で最高気温が25度を越え、今年初の夏日だったそうですが、summmer/summery dayで「夏日」となります。また、estival(夏の)という形容詞があり、hibernal(冬の)の対をなしています。一瞬、festival(祝祭)と関係があるかもしれないと思い調べてみましたが、別語源でした。

秋はfall/autumn。fallは果実が木から地面に向かって落ちる季節だからということで出来た言葉です。autumnの方は語源がはっきりしません。Autumnal Equinox Dayで「秋分の日」となり、autumnal yearsは人生の「中年期」を指す表現になります。

冬はwinter。形容詞wintryは他の語と組み合わせると、わびしさや冷淡さを醸し出す表現となります。wintry smile(冷淡な微笑)wintry greetings(よそよそしい挨拶)という言い方には日本人の私も思わず納得です。hibernal(冬の)hibernation(冬眠)を知っていればすぐ覚えられますね。

昼はday/daytimeで、夜はnight。もしもあなたがdiurnal(昼間の)を知っているなら、なかなかの語彙力を備えてらっしゃいます。diurnalの反意語はnocturnal(夜の)となります。これらの単語に私が最初に出会ったのは『Word Power Made Easy』という単語集だったと記憶しています。ショパンのnocturne(夜想曲)は道理で暗い曲になるわけです。「春分の日」と「秋分の日」に含まれるEquinoxに、夜を意味する語根(-nox)が入り込んでいます。
posted by cosa at 01:32| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

take a bath

take a bathは「1.風呂に入る」の他に、イディオムとしてもう1つ意味があります。このフレーズが使われている例文を見てみましょう。
Investors took a bath when they had to resell the bonds at lower prices than they had paid.
Cambridge Dictionary of American Idioms

上記英文から読み取ってもらえたと思いますが、もう1つは「2. 大損する」になります。

ちなみにGo to Bath!は、『ジーニアス英和辞典第4版』によれば、「お風呂に行け!」ではなく「二度と顔を見せるな!」となります。自宅にある複数の紙辞書で引いてみましたが、ジーニアス以外にこのイディオムを掲載しているものを見つけることはできません。インターネットで検索してみましたが、語源に関する説明は見つかりません。電子辞書に入っている『リーダース英和辞典』にかろうじて「狂人が湯治にやられたことから」という説明が載っていました。

Bath(バース)は英国サマセット州にある都市の名で温泉地として有名。このBathはbath(風呂)の語源となったという説明が一部の辞書にあるようですが、単なる俗説であって間違いです。むしろ温泉がたくさんあったことからBath(バース)という名がつけられたのです。

風呂ついでもう1つ。spa(温泉地)という語がありますが、こちらはベルギーの鉱泉場であるSpaという都市に由来するようです。それではSpaという名はどこから来たのかというと、「エスパ(泉)」または「スパゲーレ(撒き散らす)」からというのが定説だそうで(元祖スパ【ベルギー】スパの語源(2))、仮に後者がSpaの語源だとすれば、spaghetti(語源は「細いひも」)とも親戚ということになりますか。

バスツアー(bus tour)ならぬ温泉巡り(bath tour)はこの辺でお開きといたします。
posted by cosa at 19:52| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色を使った句

あらゆる言語において「色」はさまざまなものの象徴となります。色を使った語句や表現をいくつか紹介します。下記の例のほかにもたくさんの例がありますのでご興味ある方は辞書などを眺めてみてください。

black gold(石油):粋な表現だと思います。
blackmail(恐喝):blackのネガティブなイメージを活かされています。
black sheep(<一家の>やっかい者):白い羊の群れに混じっている1匹の黒い羊。
blue blood(貴族の血統):ロックバンドXのデビューアルバムのタイトルがこれ。
blue chip(優良株):ニック・ノルティ主演の同名映画があります。
once in a blue moon(ごくまれに):月が青く見えるときはめったにないことから。
out of the blue(全く突然に):空から突然何かが出てきたイメージ。
brown bag(弁当):茶色い紙袋に入っています。
greenback(ドル紙幣):米ドル紙幣はインクが薄緑色。
green thumb[fingers](園芸の才):植物を育てる手(指)ということ。
pink slip(解雇通知):ピンク色の封筒に入っているのが普通。
silver spoon(富・財産):銀器を使うような裕福な家庭に育つ者の象徴。
white elephant(無用の長物):タイの王様が他国に送った贈り物。
white lie(悪意のない嘘):ネガティブなblackに対して。
yellow jacket(スズメバチ):愛称といってもいいのでしょうね。
posted by cosa at 03:50| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

taxのつかない「税」

「税」に関する言葉であるにもかかわらず、taxを含まない語には次のようなものがあります。まとめておきます。

customs(税関):見た目とは違い、常に単数扱いとなります。
excise(物品税):タバコや酒類に課す税に使われます。
royalities(印税):「税」と名は付きますが、実際には税金ではありません。
tariff(関税):GATTとはGeneral Agreement on Tariffs and Tradeのこと。
levy(徴税):動詞はimposeと同じ意味・働きをします。
duty-free shop(免税店):dutyもtaxもほぼ同じ意味です。
posted by cosa at 01:06| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

イディッシュ語由来の英単語

『国連英検公式ガイドブック(メディアランド)』に英語らしくない単語kvetch(いつも文句を言う)が選択肢として出てきました。さっそく英辞郎で調べてみると、イディッシュ語由来の語だといいます。せっかくなので、英語に入り込んでいるイディッシュ語をいくつか整理しておこうと思います。
bagel(ベーグル)
chutzpah(厚かましさ)
glitch(故障、誤作動)
kvetch(常に文句を言う人)
maven(物知り)
Mazel tov!(おめでとう)
bar mitzbah(バルミツバー:13歳男子の成人式)
posted by cosa at 02:45| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

goody-two-shoes

The Twilight Saga『New Moon』より。
"Well...It doesn't sound like they're doing anything bad." I tried to soothe him, to make him cheerful again. "Just sort of annoyingly goody-two-shoes for a gang."

goody-two-shoes(善人ぶる人)。リーダース英和辞典にGoody Two-Shoesで「英国の童話に出てくる、そろいの靴を履いたことのなかった貧しい女の子:初めて靴を一足もらってうれしくなり、みんなに‘Two Shoes’と言って見せてまわった」という説明を見つけました。語源や意味の変遷についてはWorld Wide Wordsに詳しく書かれていますが、今のようにgoody-goody(善良ぶった)と同様に意味を持つに至ったのは1930年代に入ってからだそうです。
posted by cosa at 02:02| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

Word Engine

単語サイト見つけました。「Word Engine マイ英単語トレーナー」という単語サイトです。サインアップして5分以内には英単語力を測定してくれます。V-checkと呼ぶようです。次々と現れる単語を「Yes(知っている)」か「No(知らない)」かをチャックしていくだけです。それを終えるとカバレッジレポートなるものが表示され、各資格試験での語彙理解度のレベルがわかるようになります。レポートの精度はさておき、語彙レベルを測るツールとしては簡便で、語彙レベルの伸長を定期的に確認するには便利だと思いました。自分の力に合った単語テストをやるには、一部を除いてお金がかかります。英検、TOEIC、TOEFL、センター試験などのジャンルから選べるようになっていて、一年間で各1000円。間違えたものは何度も登場するようにプログラムされているからいいですね。決して高くないと思います。

それにしても語彙レベル確認のために画面に現れる英単語レベルの高さにビックリしました。見たことない単語ばかりでちょっと落ち込みます。でも表示された結果は案外悪いものではありませんでしたが。

英語全般におけるカバレッジ(語彙理解度) 99%
あなたが知っている単語数(推定値) 19,624語


まだまだ知らない単語はたくさんあるわけで、こういうテストを圧倒できる単語力を身につけたいなと思いました。「無料お試しコース」のテストをやってみましたが、測定された単語レベルに合わせて出題されます。音声付きなのがとてもいいですね。


追記1
V-check(単語力測定)は一度しか受けられないそうです。

追記2
V-check(単語力測定)では存在しない英単語も出題されるそうです。私が見たことないと思っていたのは架空のdistraction wordだったのかもしれません。
posted by cosa at 00:41| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

toponym

地名に由来する言葉を英語ではtoponymと呼ぶようです。もともとの地名よりも派生して出来上がった意味の方が一般的である単語が実に多いようです。Wikipediaにはたくさんの例が載っていました。jeans(ジーンズ)はイタリアの都市Genoaから。あとmarathon(マラソン)がギリシャの町の名であることは紹介するまでもないでしょうか。

以前に別の記事でjapan(漆器)china(陶磁器)satsuma(みかん)を紹介しました。地名と特産品を結びつけることはよくあります。日本語でも「常滑」「備前」「瀬戸」といったら焼き物を想像しますし、「讃岐」といったらうどん、「紀州」といえば梅干しでしょう。最近、Twilightシリーズの第2弾『New Moon』を読んでいて、afghan(毛布)を初めて知りました。
posted by cosa at 02:19| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

Are you game?

またまた『Twilight』より。
"Alice says there's going to be a real storm tonight, and Emmett wants to play ball. Are you game?"
game(やる気がある、乗り気な)。名詞ではなく形容詞で使うとこのような意味になります。このような使い方は初めて出会ったよ!と思って、『ジーニアス英和辞典』で調べてみると、すでに赤ペンでラインが…。悔しいような誇らしいような。辞書は1回引くくらいでは記憶に残らないものですね。
posted by cosa at 00:13| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

seraphicとcherubic

今回は取り上げる単語は「天使」がテーマ。2つの形容詞のもとになっているseraphim(熾天使セラフィム)cherubim(智天使ケルビム)はどちらも天使名。今日の今日まで知らなかったのですが、天使には階級があり、私たちのよく知るangel(天使)は全天使のうち9番目、つまり最下級というわけです。そして第1位がseraph、第2位がcherubですから、seraphicとcherubicは人間の笑顔や顔つき等に対する最上級のほめ言葉といえますね。
How lighthearted, how human he seemed as he laughed now, his seraphic face untroubled.
seraphic(天使のような;気高い;清らかな)。"Twilight"より。

In agonized silence he started at the painting of his son, a sturdy little boy with a cherubic smile on his face and a wooden soldier clutched lovingly in his fist.
cherubic(天使のような;無邪気な;ふくよかな)。"Once and Always"より。
posted by cosa at 01:48| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

apropos of nothing

今日も"Twilight"に登場する表現のなかから1つ取り上げます。
"I should have let you drive yourself today," he announced, apropos of nothing, while I chewed.
apropos of nothing(出し抜けに、唐突に)。フランス語由来の表現。aproposの語尾sは発音せず、アクセントは後ろの方にあります。英和辞典にはapropos of(〜に関して)がイディオムとして掲載されていますが、apropos of nothingの形は『英辞郎』でしか見つけることができませんでした。

ネットで調べてみると、Sheryl Crowの大ヒット曲『All I wanna do』のなかに出てくることがわかりました。この歌詞は小説のように一人称で語られるので、今回取り上げた表現の使い方がすごく分かりやすいと思いました。前半に次のような文脈で出てきます。
"All I wanna do is have a little fun before I die,"
Says the man next to me out of nowhere
It's apropos of nothing
He says his name's William but I'm sure,
He's Bill or Billy or Mac or Buddy
And he's plain ugly to me
And I wonder if he's ever had a day of fun in his whole
life
posted by cosa at 02:37| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

hush puppy

Hush Puppiesといえばスエード靴で有名なブランド。hush(黙らせる)puppy(子犬)の組み合わせであることは明かですが、これが米国南部伝統の揚げ菓子の名であったとは寡聞にして知りませんでした。こんなお菓子みたいです。

辞書には語の成り立ちについて書かれていました。
hush puppy
A small cake of cormeal fried in deep fat.[Perhaps < their use as snacks for dogs to quiet them while a meal was being eaten.]
The AMERICAN HERITAGE College dictionary
posted by cosa at 22:53| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卵と桃

Nicholas Sparksの小説『Dear John』より、もとは食べ物だけど別の意味に使われる表現を2つ取り上げます。

It was more fun than I'd thought it would be, especially considering I was hanging out with a bunch of summer school eggheads and most of the conversation centered on the psychology of adolescents.
egghead(インテリ、知識人)。良質なタンパク質を含んでいることでよく知られていますが、「蛋白」とはalbumen(卵白)のこと。yolk(卵黄)には鉄分やカルシウムなどミネラルを多く含む卵は完全栄養食品と言えるでしょう。これだけ栄養がたくさん詰まっているわけですから、「知識人」という意味が生まれても全く不思議ではありませんね。

"Life is a peach, isn't it?" she teased.
peach(すてきな人[もの])。果物としておいしさを思えば納得。そういえば、先日観てきた映画『Gran Torino』でも、主人公Waltの奥さんが亡くなり、その優れた人格を評してpeachと表現していました。
posted by cosa at 04:19| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

肘と膝

elbowとkneeを使ったイディオムを紹介します。いずれも現在読んでいる『Twilight』に出てくるものです。

By dint of much elbow grease, I was able to get both windows in the truck almost completely rolled down.
elbow grease(激しい力仕事)。elbow(肘)の関節にgrease(油)を差してまで、一生懸命行うほどだからでしょうか。日本語では「骨の折れる」、英語ではbackbreakingなどといいますが、筋肉ではなく骨や関節に負担のかかるものほど大変だという認識から、elbowやbackを使って喩えているのでしょう。

"Hello," I mumbled, a knee-jerk reaction. I quickly looked away and walked faster toward the corner.
knee-jerk(決まり切った)。膝頭のすぐ下をポンとたたくと膝下が自然が上がりますね。あのようにお決まりの反応を示すことをこう言うようです。
posted by cosa at 22:48| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

和英クイズ

身近な物なのに英語で言えない。そういう単語ってたくさんありますよね。気になりながらも調べないままになってしまいがちです。私自身わからず調べた語をクイズに仕立ててみました。「定義文→用例」の順となっており、アンダーバーで文字数を表しています。気軽に楽しんでみてください。

【Quizzes】

1. a (_ _ _ _ _ _) of shampoo 小袋

2. go through the ticket (_ _ _ _ _ _) 改札口

3. clean one's ears with a (_-_ _ _) 綿棒

4. yellow (_ _ _ _ _ _ _) tiles indicate the edge of the platform 点字ブロック

5. books displayed with only the (_ _ _ _ _) showing 背表紙


【Answers】

1. a sachet(小袋) of shampoo

2. go through the ticket wicket(改札口)

3. clean one's ears with a Q-tip(綿棒)

4. yellow tactile tiles(点字ブロック) indicate the edge of the platform

5. books displayed with the spine(背表紙) showing
posted by cosa at 02:24| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

pink

pinkは植物由来の語で、pink(ナデシコ:学名Dianthus)の色から名付けられています。そういえば、女子サッカー日本代表の愛称は「なでしこJAPAN」ですが、花の色とは無関係で、「大和撫子」に由来しています。日本代表カラーといえば、日本海のイメージからblueですしね。

話が逸れました。英語では小指のことをpinkieまたはpinkyといいます。pinkと関係があるのかなとふと気になって調べてみると、どうやら互いに起源を一つにする言葉のようです。詳細はOnline Etymology Dictionaryの説明に譲りますが、pinkがオランダ語の「小さい」に意味する語に由来しているかもしれないという記述を興味深く読みました。pinkie, pinky(小指)pink(桃色)とは遠い親戚同士と言えなくもない?!

pinkは赤ん坊の肌を連想させ、健康や若さのイメージを持つ語です。in the pink(とても元気で、絶好調で)というイディオムが存在することからわかります。

またwhite-collar(頭脳労働の)blue-collar(肉体労働の)に対して、pink-collar(女性が従事する)という語があります。pinkで「女性らしさ」をイメージしているのが日本人の私にも伝わってきます。

sky-blue pink(空色のピンク)はおもしろいフレーズ。「存在しない色」を表すのだそうです。これはアメリカ人作家Howard Roger Garisの作品『Uncle Wiggily』シリーズに登場する言葉なんだとか。のちに広まって現在の意味に落ち着いたようです。ちなみにUncle Wiggilyはボードゲームになっていて、wikipediaによれば、子供の好きなボードゲームNo.1。ぜひ一度だけでも遊んでみたい。Amazon.comの評をみましたが、人気ゲームであることがわかります。
posted by cosa at 00:04| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

lead

leadは「導く」の意味を持つ動詞ですが、同綴語にlead(鉛)があります。電子部品をつなぐ導線のことをlead wire(リード線)といいますが、私はてっきり「鉛」を含むために、こう呼ぶのだとばかり思っていました。まったくの思いこみで、今の今までlead(鉛)を「リード」と発音していたんです。辞書でlead(鉛)の発音記号を見ると[led]となっており、しかも《発音注意》とわざわざ書かれているではありませんか。「リード線」は電流をlead(導く)[li:d]役割を担っているからこそlead wire(導線)なわけで、鉛とは何の関係もない。だからlead-free gasoline(無鉛ガソリン)は[ledfri:]と読まれなければいけなかったんだ。
posted by cosa at 01:05| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。