2007年07月18日

人々人?

タイトルを見て「新種の顔文字か?」と思った方がいるかもしれません。そんなつもりはありません。a people person(交際好きな人)という表現が英語にありますが、それを無理矢理に直訳しただけです。このpeopleは決して形容詞ではなく名詞であり、形容詞のように機能しています。

リーダーはpeople personであるという主旨の記事を見付けました。他人に対する思いやりを持ちかつ社交性に富んでいることがリーダーに求められる資質である。それは世界共通の価値観なのでしょう。素晴らしい内容の記事なのですが、読んでいて、私には耳が痛い部分が多々あります。people personを目指したいです。
Are you a people person?
One ancient truism in the corporate world and in public service, almost universal in practice, is that a people person achieves greatness. He is usually the leader of industry and of government.
太古の昔より言われていることだが、会社組織の中においても公務員の世界においても、実際にどの世界でも言えることだが、社交性のある人というのは偉大なことを成し遂げるというのはまぎれもない真実。そういう人はたいてい産業界や政界のリーダーをしているものです。

*snip*

Here then, are some tips on how to improve them and become a bona fide people person:
それら[対人関係のスキル]を向上させ、正真正銘の人を思いやる人になるにはどうしたらよいのでしょうか。

Do you listen?
Some hear, while others listen. Then, there are those who listen in an active sense. They are the examples to follow. How do you process information when people speak?
傾聴できていますか?
ただ聞いている人と聴こうとする人がいます。でもさらには積極的に聴く姿勢を持った人がいます。そういう人を見習うべきでしょう。人が話している間、どのようにして情報を整理していますか。

Do you focus?
Do you zero in on what is being said, down to every word and monotonous minutiae? Pick up on emphasis, intonation, body language, and facial expressions. Be observant not just on the words, but how they are being said.
集中していますか?
どんなの言葉も単調な細部に至るまで、話された内容に神経を集中していますか。強調している点や抑揚、ジェスチャーそして表情まで感じ取ってください。言葉だけに気をとられず、どう話しているかに注目してみて下さい。

Do you make eye contact?
Often, in order to communicate to someone that they are important and have your undivided attention for that specific moment, it is crucial to maintain eye contact. Many of us take this for granted and our ability to move up the corporate ladder suffers as a result. When you fail to make eye contact, you come across as aloof, unsympathetic and arrogant.
アイコンタクトをしていますか?
あなたは重要な人ですというメッセージを送るため、そして集中力を途切れさせずにいますというコミュニケーションを図るためには、アイコンタクトは欠かせません。われわれはそれを当たり前のことだと思ってしまうと、結果的に出世の階段を駆け上がるのに苦労するでしょう。アイコンタクトをし損なうと、高飛車で非同情的しかも横柄な人という印象を与えてしまいます。

Can you walk in others' loafers?
The ability to put yourself in another person's situation and mindset -- i.e. whether or not you can feel what they feel and see the world as they do -- is essential in order to build rapport with another. Can you relate to their personal life experience? Do you care about them, not in a personal sense (although that is beneficial) but in an altruistic or humanistic sense? A people person cares about his fellow man (and woman, of course). It is as simple as that. Compassion and sensitivity are the key components of a successful people person. It is imperative that you exercise both when you relate to others.
相手のペースにゆだねることができるか?
相手の感じ方や見方をあなたが同じようにわかるかどうかは別にして、人の状況や考え方に合わせられる能力は、親密な関係を築く上では不可欠です。人の個人的な人生経験にかかわりを持つことができますか?個人的な感覚(これはこれで価値あることです)ではなく、利他の精神でまたは温かい気持ちで接してあげられますか?人の気持ちが分かる人というのは仲間を気遣う人です。単にそれだけのことなのです。同情心や感受性が立派な社交性ある人に必要な鍵なのです。人と関わるなら2つとも今すぐに高めていくべきです。
posted by cosa at 23:19| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

アナグラム

anagram(アナグラム)をご存じですか?アナグラムとは語句の綴り替え遊びのことです。例えば、日本のジーンズ・メーカーEDWIN(エドウィン)jeans(ジーンズ)の生地であるDENIM(デニム)のアナグラムになっています。ハンドル・ネームやニックネーム、暗号等をアナグラムで作ってみませんか?自分で考えるのが面倒なら、Wordsmithが何通りものアナグラムを作成してくれます。

英単語の綴りを並べ替えて、さまざまな単語を考えていくのって知的で楽しい作業です。自分自身の語彙力を駆使して意味ある単語を生み出していく。または大きな辞書を使いながら単語を探していく。授業でのアクティビティとしてたまにはいいかもしれません。

wikipediaよりいくつかアナグラムを選んでみました。もとの単語の意味をしっかりと活かしています。
dormitory(寮)→dirty room(汚い部屋)
the earthquakes(地震)→that queer shake(あの変わった揺れ方)
eleven plus two(11+2)→twelve plus one(12+1)
Princess Diana(ダイアナ妃)→End is a car spin(最後は車がスピン)
the eyes(その瞳)→They see(彼らは見ている)
George Bush(ジョージ・ブッシュ)→He hugs Gore.(彼はゴアを抱きしめる)
election results(選挙結果)→Lies. Let's recount.(嘘だらけ。数えなおそう)
astronomers(宇宙飛行士)→No more stars.(もう星はたくさん!)
wikipedia

ちなみにハリウッド女優Meg Ryan(メグ・ライアン)Germany(ドイツ)のアナグラムになっているのです。知ってました?
posted by cosa at 00:32| Comment(1) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

samurai

英英辞典を読んでいると思わぬ発見があります。そして日本について逆に教えられることがあります。samuraiの語義が興味深く、目にとまりましたので、引用いたします。
samurai
1
. The Japanese feudal military aristocracy.
2. A professional warrior belonging to this class.
[j., warrior < O J. samurafi, " sa- pref. + morafi, to watch, freq. of mor-, to guard]
"THE AMERICAN HERITAGE COLLEGE Dictionary"
【glossary】feudal 封建制度の  aristocracy 貴族階級  

「さむらい」ではなく「さむらひ」と発音されていた時代があったことがわかります。また「さ」は接頭語であり、「もらふ」は「窺う、守る」を意味する語なのですね。これを知っている日本人はどれほどいることでしょう。
posted by cosa at 02:02| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

ダービーとジョーン

Darbyは男性の名前です。競馬のthe Derby(ダービー)とは違います。Joanは女性の名前です。Johnの女性形だそうです。

これらを組み合わせると面白い表現に変わります。
Darby and Joan
(英)[複数扱い]仲の良い老夫婦:a Darby and Joan club 老人クラブ
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館
このようなイメージです。
posted by cosa at 06:45| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

メル友を英語でいうと…

「メル友」を表す英語はe-pal(メル友)しか知りませんでした。『英和中辞典第7版(研究社)』にはcyber freind(メル友)cyberpalが載っていました。別の辞書をぱらぱらとめくっていたらkeypal(メル友)という語を発見。スペースアルクが提供する文通サービスの名がKEYPAL NETでした。文通は1度も経験がないのですが、このKEYPAL NETに登録してみようかな。。どなたか海外での文通経験ある方います?
posted by cosa at 03:47| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

popsicleは偶然の産物

夏はアイスの季節。エアコンの効いた部屋で食べるアイスは格別ですよね。古い話になりますが、小学生の頃食べたグリコの「キャデリーヌ」というアイスが忘れられません。松田聖子がCMに起用されていたと記憶しています。食べるのは「ガリガリ君」などの50円のアイスばかりだったので、当時で100円のキャデリーヌは高級なイメージがありました。

さて英語でアイスというと、ice(氷)を指す語になります。icecream(アイスクリーム)は日本の基準では乳固形分が15%以上のもの。ハーゲンダッツのような高級品がこれに該当します。では「キャデリーヌ」や「ガリガリ君」はどう呼べばいいでしょうか?英語ではpopsicle(アイスキャンディー)またはice lollyとなるのです。

このpopsicle(アイスキャンディー)はFrank Eppersonという男の子によって偶然発明された食べ物なのだそうです。"TIME FOR KIDS ALMANAC 2008"より引用します。
Popsicles
In 1905, 11-year-old Frank Epperson was trying to make soda pop by mixing powdered soda and water. When he left the mixture outside overnight, it froze solid, with the mixing stick standing upright. The frozen pop tasted great! Frank sold his frozen pops as Epperson icicles, which later became known as Popsickes.
"TIME FOR KIDS ALMANAC 2008"

1905年、11歳のフランク少年は粉末のソーダと水を混ぜて清涼飲料水を作ろうとしていた。混ぜ合わせたものを一晩外に置きっぱなしにすると、かき混ぜ棒が直立した状態で凍って固まった。その凍った清涼飲料はじつに美味しかった!フランクはEpperson iciclesとしてその凍らせた清涼飲料を売り出したのだ。のちにそれはPopciclesとして知られるようになった。
【glossary】soda pop 清涼飲料水  icicle つらら
posted by cosa at 02:35| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

東京ドーム何個分

面積や体積を形容する際に、しばしば「東京ドーム○個分」と表現されることがあります。Big Egg(東京ドーム)の実際に広さは46,755平方メートルで、容積は1,240,000立方メートルだそうです。わかるようなわからないような…。東京ドーム計算機なるページまで存在します。測りたいものがあります?

こんな記事を見つけました。「東京ドーム約40万個」は具体的数値とは言えませんが、危機感を覚える表記方法であることは間違いないでしょう。
アメリカ航空宇宙局(NASA)とドイツによる観測で、南極大陸の氷が、過去3年余の間に東京ドーム約40万個分も失われたことがわかった。これまで南極の氷の増減を詳しく知る手段は限られ、特に陸地を覆う氷の正確な増減量はわかっていなかったが、今回、2基の衛星を使い、南極付近の重力の変化を調べることで明かとなった。観測チームによると、2002年4月〜2005年8月の観測で、南極の西部を中心に、氷が1年当たり約152立方キロ・メートル(ドーム12万個分)ずつ失われたことが判明。地球の海面を0.4ミリ上昇させる水の量に相当し、3年で1.2ミリ海面が上昇したことを意味するという。
過去3年余で東京ドーム約40万個分の南極の氷が消失
エコロジーオンライン[2006年03月06日]


英語では概算を表すときにballpark(野球場)を用いた表現があります。
ballpark figure
(米・くだけて)概算、だいたいの数字
『ウィズダム英和辞典第2版』三省堂
そういえば、日本語では「丼勘定」といいますね。英語は「球場勘定」というわけですね。


追記
ballpark figureが映画『ラブソングができるまで』で次のセリフで使われていました。
Alex: You don't know how much money we made, do you?
Chris: I have a ballpark figure.
Alex: Is it enough for a nice dinner?
posted by cosa at 02:31| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

Nuts and Bolts

7月号の『NHKラジオものしり英語塾』を買いましたら、リサ・ボード先生の"Word Watcher"のコーナーで、Nuts and Bolts(しくみ、からくり、要点)が紹介されていました。もとは金属部品のnut(ナット)bolt(ボルト)ですが、andで組み合わせると、何かが作動したり、人が何かをしたりするための基本的・実際的な「しくみ、からくり、要点」という意味になります。こういう表現をサラリと使えるようになりたいなあ…。

なぜこの表現に目がいったかといいますと、日向清人先生が最近出版された『即戦力がつくビジネス英会話(DHC)』という本の英語の題名が"The Nuts and Bolts of Workplace English"となっていたからです。これを見たときに、さり気ない単語の組み合わせることで、こんな意味があるのかと感動したからです。この書籍のタイトルのようなレベルの英日、日英の翻訳力を高めたいなあと思います。それにはまず日々の研鑽ですかね。
posted by cosa at 02:36| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

朝まで生テレビ

日本テレビの『24時間テレビ』やテレビ朝日『朝まで生テレビ!』といった番組を英語ではどう表現したらいいでしょうか?ウィキペディアでは『24時間テレビ』の方は"24HOUR TELEVISION"となっています。英語には、telethon([米]テレソン;基金募集のためなどの長時間テレビ番組)talkathon([米]トーカソン;テレビなどでの長時間にわたる討論会)という語が存在するのです。-athonという接頭尾辞はmarathon(マラソン)から来ています。面白いですね。『24時間テレビ』の人気コーナーに芸能人によるmarathon(マラソン)がありますが、もしかすると番組プロデューサーは、telethonの意味を理解していて、チャリティー・マラソンを企画したのかもしれません。
posted by cosa at 02:35| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

mazel tovとbubeleh

英語は外国語がたくさん入っています。気取って使ったりするのでしょうか。少し前に記事にしたGesundheit!はドイツ語でした。

今回はヘブライ語またはイディッシュ語から取り込まれた言葉を紹介します。ヘブライ語由来のmazel tovはgood luckと同じ意味の表現だそうです。映画『ナショナル・トレジャー(National Treasure)』に出てきました。
mazel tov
【ヘブライ】おめでとう、よかったですね
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館
もう一つのbubelehはイディッシュ語由来の言葉です。『イン・ハー・シューズ(In Her Shoes)』という映画の中で出てきました。
bubeleh
【イディッシュ】おまえ、あなた、ぼく、お嬢ちゃん
『英辞郎第2版』アルク

posted by cosa at 04:31| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

モノラルとステレオ

一昔前のテレビでは音声がモノラルで、ヘッドフォンをつないでみると、片耳からしか音が聞こえないなんてことがありました。この「モノラル」という語の綴りに気を配ったことがなく、mono-は「単」を表す接頭語だとはわかっていても、語尾には関心を持たずに今日まできました。monauralと綴ると分かったのはいまさっきです。mono(1つの)+aural(聴覚の)だったのですね。「モノーラル」と命名してほしかった。両耳から聞こえるのはbi-で始まるはずだと思ったら、ちゃんとbinaural(両耳の)という単語がありました。接頭語の知識はこういうときに役立ちます。

音響技術には疎いため詳しいことはわかりませんが、モノラルとステレオは相対する技術ではないようです。stereoは正しくはstereophonicというらしく、「立体音響」という訳がなされています。stereo-という接頭語は「立体の」という意味をもっていて、stereograph(立体写真)、stereomicroscope(立体顕微鏡)という語に反映されています。
posted by cosa at 03:46| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

動物を表現する語群

dog
犬を指す語はdogで、その形容詞はcanineです。そこから犬歯はcanine toothとなります。子犬はpuppy[pup]、雌犬はbitchまたはshe-dogと表します。犬小屋はdog houseが一般的ですが、kennelという言い方もあります。愛犬につける名前として有名なのはFidoですが、fidelity(忠誠)から来ているらしく、忠犬というイメージの語です。

cat
猫を表す一般的な語はもちろんcat。形容詞はfelineといいます。雄猫はtom [tomcat]、雌猫はtabby。子猫はkittenで、その幼児語がkitty。Hello Kittyの「キティーちゃん」はここから来ています。

bird
鳥類全般はbirdで表現されます。鳥かごはbirdcageといいますね。形容詞はavian。雌鳥がhenで、雄鳥がcockとなります。ひな鳥がchickenです。食用の鶏はfowlと呼ばれます。焼肉用の若鶏はbroilerです。家禽類を総称した言い方がpoultryです。近年アジアを中心に深刻な被害を与えている鳥インフルエンザはbird fluないしはavian fluとなります。

lion
lion(ライオン)は百獣の王(the King of Beasts)と呼ばれます。そのため昔から王家の紋章にされてきました。雌ライオンはlioness。そういえばライオネス飛鳥というプロレスラーが昔いました。形容詞はleonine。西武ライオンズの選手をレオ軍団と言ったりしますが、あれはLeo(獅子座)からきていると思われます。

pig
豚を表す一般的な語はpigです。食用になるとporkといいます。どうでもいいことですが、ポークカレーライスは私の大好物。去勢していない雄豚をboarといい、雌豚をsowといいます。豚を表す語にはswineというのもあります。この単語は映画『パルプフィクション』の劇中、ファミレスで朝食を食べる二人のギャングが交わす会話中に登場したのでとても印象に残っています。

horse
馬はhorseです。子馬はponnyです。雄馬はmare、雌馬はstallion。この2語はあまり聞き慣れませんね。痩せ馬を表すjadeという語がありますが、いい意味はありません。

※犬や猫などの動物の爪のある足をpawといいます。左利きのことをsouthpaw(サウスポー)といいますが、この「ポー」はpawのことなのです。馬や豚の蹄はというとhoofといいます。

fish
魚は単複同形でfishです。ただし複数の種類を表すとfishesとなります。形容詞はpiscineです。魚釣りに行くはgo fishingが一般的ですが、go anglingという言い方もあります。釣り人はfishermanともanglerともいいます。漁業はfisheryです。

cow
家畜としての総称はcattle。食用となればbeef。雌牛はcowで、雄牛はbullです。他にもoxとその複数形oxenが受験英語として有名ですよね。焼肉で有名な牛タンはox toungueといいます。形容詞はbovine。世間を騒がせた狂牛病のちにBSEと言われるようになりましたが、あれはbovine spongiform encephalopathy(牛海綿状脳症)の略語です。子牛はcalfといいます。財布などの高級皮革としてよく利用されます。
posted by cosa at 04:30| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

お金を表す語群

お金を表す最も一般的な語がmoneyです。通貨の意味ではcurrency、現金の意味ではcashがあります。単位として有名なのは米国のドル(dollar)や英国のポンド(pound)が、形状として硬貨(coin)と紙幣の(bill [note])があります。

Paper or plastic?
お店のレジでこう言われたら文脈によって2通りの解釈が成立します。
(1) 紙袋がいいですか、それともビニール袋がいいですか?
(2) 現金払いですか、それともカード払いですか?

(1) 日本のスーパーやコンビニではビニール袋が当たり前ですが、アメリカのスーパーでは紙袋を希望するお客さんが多いように思います。また強度を増すために、紙袋を二重にしてもらう(double bag)ことがよくあります。

(2) 日本とは違ってアメリカ人は現金をあまり持ち歩かない人たちです。だからカードでの買い物が当たり前。デパートでの買い物でデビットカード(Debit card)を利用したことがある人も多いでしょうが、あれは米国が本場なんです。カード社会アメリカを象徴していますね。さきほど紙幣はnoteまたはbillとしましたが、このようにpaperとも表します。さらに変わった言い方ですが、キャベツのcabbageも(米俗)として紙幣、札を表すことがあります。色と形状が似ているからでしょうか。面白いですね。

ほかに映画の台詞のなかによく出てくるのが以下の2つです。
buck
(1) (米・豪・略式)ドル、1ドル;(大)金

grand
(2) (米略式)1000ドル;(英略式)1000ポンド
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館


追記
米国のcoin(硬貨)にはそれぞれ通称があります。pennyl(1セント)、nickel(5セント)、dime(10セント)、quarter(25セント)が主なところです。bill(紙幣)にも口語では通称があって、fiver(5ドル紙幣)、tenner(10ドル紙幣)とそれぞれいいます。米国の紙幣はみな大きさが同じで、裏側が緑色をしているのでgreen backsとも呼ばれます?
posted by cosa at 01:42| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

ハクション!

日本語の「くしゃみ(sneeze, sternutation)」の語源は嚔(くさめ)なのだそうです。ウィキペディアより引用します。
くしゃみの語源は「嚔(くさめ)」という言葉である。中世の日本ではくしゃみをすると鼻から魂が抜けると信じられており、そのためにくしゃみをすると寿命が縮まると信じられていた。そこで早死にを避けるため「くさめ」という呪文を唱えるようになり、いつしかそれが「くしゃみ」という名前となり、その行為そのものを指すようになった。
ウィキペディア
このようにくしゃみは不吉な現象と捉えられたのは日本でも西洋でも同じであり、英語圏はくしゃみをした人に対して"(God) Bless you."と言うのが習慣となっています。これ以外の表現を知っていますか?ドイツ語が元になっていますが、"Gesundheit"ともいうみたいです。人がハクション(achoo)とくしゃみをしたら、さり気なく言ってあげましょう。
gesundheit
(人がくしゃみをしたときに)お大事に
『ロングマン英和辞典』桐原書店
posted by cosa at 04:40| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥は詩人

どんな言語にもメタファー(隠喩)は存在する。メタファーという表現方法はわれわれの言語活動を豊かなものにしてくれる。古代ギリシャの哲学者アリストテレスは「もっとも偉大なのはメタファーの達人である。通常の言葉は既に知っていることしか伝えない。我々が新鮮な何かを得るとすれば、メタファーによってである」と述べているくらいです。

例えば、swanには「詩人」という意味が含まれます。
swan
(2) 詩人、歌手:すばらしい人[物]、優雅な人[物]:the (sweet) Swan of Avon エイボン川の白鳥(Shakespeareのこと)
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館
詩人を「白鳥」に喩えるなんて素敵です。こういった感性がたまらなく好きです。「エイボン川の白鳥」とは何とポエティックな表現でしょう。

補足になりますが、シェークスピアのことはthe Bard (of Avon)という呼び方もあります。bardとは「詩人」のことです。

また、詩人を表す語としては他にbulbul「ヒヨドリ」があります。やはり鳥類なんですね。
posted by cosa at 03:49| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

eatの意外な使い方

eat
(4) 略式[be -ing] (人)を困らせる、悩ます(vex):What's eating you? 何を気に病んで[いらいらして]いるの?
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館
これでジョニー・デップ主演、レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞にノミネートされた映画『ギルバート・グレイプ』の原題の意味がわかりました。"What's Eating Gilbert Grape"は「ギルバート・グレイプをいらいらさせるもの」という題名だったんですね。数年来の謎がようやく氷解しました。
posted by cosa at 03:35| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単語力(タンゴリキ)

英語学習は単語に始まり単語に終わる

これは言語を学ぶ上での真理といえるでしょう。語彙力はその言語の習得レベルを表す物差しに使われます。英検の各級は語彙レベルによって分けられています。当然ながら「読む・書く・聞く・話す」の4技能が総合力を表しているわけですが、その土台となるのは文法力であり、語彙力なのです。文法事項には終わりがありますが、語彙には終わりがありません。言葉は新しく生まれることもあれば、古く廃れていくこともあります。だから英語学習は単語に始まり単語に終わると言えるのではないでしょうか。

さて、語彙を増強する方法にはどんな方法が考えられるでしょうか。

(1) 市販の単語帳を使って単語を暗記する
(2) 英文を読みながらわからない単語を調べて覚える

大きくはこの2タイプに分けられるでしょう。あとはこれらの派生系に過ぎないと思います。

さてそこでみなさんいオススメしたいのがが記事のタイトルになっている単語力(タンゴリキ)です。このサイトには大変お世話になりました。もう3〜4年前になると思いますが、毎晩のようにパソコンにかじり付いてやり込んだ時期がありました。なつかしい日々です。おかげで語彙力がかなりアップ。当時のスコアは980にまで達しました。語彙力増強の一方法としてぜひお試し下さい。
posted by cosa at 03:15| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ワインの湖?

言葉には不思議な意味があるものです。a wine lakeとは何だと思いますか?ワインの湖ではありません。lake「湖」からたくさんの水を連想してください。そこから必要以上の大量の液体を指す語として使われることがあるのです。a lake of wineとであれば、「大量のワイン」と解釈できるでしょう。そしてa wine lakeとは「余剰ワイン」のことなのです。ワインと同じように次のような表現も存在します。
lake
2. (英)(ワインなどの)大量の余剰在庫;a milk lake 生産過剰の牛乳
『コアレックス英和辞典』旺文社

ヨーロッパではワインが余剰生産気味なのだそうです。余ったワインをEUが買い取り、それをバイオエタノールの原料として活用しているそうです。燃料として再利用されるとはいえ、作りすぎはいけませんね。ぶどうをもっと大切にしましょう。
【Fuji Sankei Business-i】によると、世界最大のワイン生産地であり同時に消費地でもある欧州連合(EU)が、過剰生産気味のワインをバイオ燃料(バイオエタノール)に転用する動きを見せている。生産農家から余剰ワインを買い取ったEUが、バイオエタノールの原料として転用するというものだ。
posted by cosa at 22:03| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

a lot of

英語の辞書を見てみると、lotは定義を2つに分けて掲載しています。まずは一般的な記述を見てみましょう。
lot
A
1. たくさんーHe has a lot of friends.
2. ずいぶん、たいへんーHe works a lot at night.
3. [the 〜] 全部ーThat's the lot.


1. くじーWe drew lots to see who would wash the dishes.
2. 運命ーHer lot was not a happy one.
3. 1区画ーan empty lot
4. (商品など)1口、ロットーWe have just received a new lot of shoes.
5. スタジオ、撮影所
『スーパーアンカー英和辞典第3版』学研

しかし、どちらのlotも元は同じ語です。よく知られた「たくさん」を表すlotが使われたのは19世紀になってからで、比較的新しい意味なようです。それではどうしてlotはこのような意味に別れてしまったのでしょうか?
lot
くじ、運命、1区画、分け前、一群

イメージくじ→(くじによる)割り当て→分け前、1グループ;(くじは人の定めを割り当てる)→運命

解説くじは[割り当て]のために用いるもの。a lot of...=lots of...はlotが分け前の山と解釈して[たくさんの〜]の意味に発展した。parking lot駐車場(駐車用に割り当てられた場), the (whole) lot全部(ひと山全部)
『英語語義イメージ辞典』大修館書店
posted by cosa at 17:40| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

alwaysの-s

私が高校1年生のとき、クラスメートのT君が授業後、英語の先生にこう質問した。「alwaysにはどうして-sがつくんですか?」これを聞いていたクラスの多くが彼を小馬鹿にして笑った。質問を受けたN先生はT君の素朴な疑問に答えられず、「意味は特にない。覚えておけばよい。」とか何とかいってかわしていた。一流の英語教師ならこのような返答はしないでしょう。きっと「来週までに先生なりに調べてみるね」と言うだろう。

それでは、私がN先生に代わって、T君があのとき疑問にお答えしましょう。
alwaysの-s
alwaysの-sは副詞(的属格)を表す接続尾辞。besides, nowadays, sometimes, overseas, afterwards, once(one+-s), twice(two+-s)なども同様。
『ウィズダム英和辞典第2版』三省堂
つまり、carefullyなどのの-lyと同じく、副詞をつくる役割を持った接続尾辞だったわけです。

生徒の素朴な疑問を生かすのが一流の教師。生徒の素朴な疑問をバカにするのは三流の教師。子供たちは大人には出来ないような発想をすることができます。それは好奇心といえるでしょうか。彼らの好奇心を引き出してあげるのが私たち教師の役目です。educationは「教育」ではありません。子供を「教え育てる」のではなく、子供たちの潜在的な力を「外へ(e-) + 引き出す(duc) + [動詞語尾](ate)」のがeducateです。
posted by cosa at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.1 and No.2

よく知っている単語に思いもよらぬ意味があったら面白いですよね。

ポッカ(Pokka)という日本の飲料メーカーの商品名に「Pokka Coffee BM」というのがありました。どうやらBMとは「微糖ミルク」のことらしいのです。もしかしたらビター&マイルド(Bitter & Mild)の意味で、「苦みとまろやかさ」を両立させたコーヒーのネーミングだったのかもしれません。さらにもしかしたらコーヒー豆の有名な銘柄であるBlue Mountainの頭文字のつもりだったのかもしれません。

しかし、英語のネイティブ・スピーカーにはそういう意味に取ってくれません。むしろ、このコーヒーを飲みたくないと断固拒否するでしょう。

なぜでしょうか?

BMという略語(abbreviation)はbowel movementで、「排便、糞便、便通」の意味があるからです。こんな名前のついたコーヒーはだれだった飲みたくありません。カッコつけたつもりが、下品な意味だった。日本人の英語力のなさを物語っています。まあ笑いのネタにはなりますがね。


今回はちょっとだけ下品な意味を持つ単語を取り上げます。このブログ読者のみなさんにぎりぎり許容して頂ける範囲かと思います。単なるスラング紹介ではありません。あくまで身近な単語の意外な意味のご紹介です。
number one
(4) (小児語) [遠回しに]おしっこ(すること)<◆No.1とも書く>

number two
(2) (小児語) [遠回しに]うんち(をすること)<◆No.2とも書く>

French letter
(英やや古)コンドーム(condom)

old goat
助平じじい
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館
john
(1) (米豪俗)[the 〜](男子)トイレ

jane
(3) (米俗) 女性用トイレ
『ウェズダム英和辞典第2版』三省堂
John Thomas, Jim Johnson
ペニス

angel
<米俗>コカイン
『英辞郎第2版』アルク

今回の記事を読んで気分を害された方がいましたら、ごめんなさい。(m_m)
posted by cosa at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

おやつと午後の紅茶

3時といえば「おやつ」です。みなさんはその語源をご存じでしょうか。昔の時の言い方で「八つ時(=午後二時)」に間食を摂ることから、「おやつ」と呼ばれるのだそうです。その昔、日本は1日2食。そのため間食は午後の労働のために積極的に食べていたのでしょうね。

所変わってイギリスではafternoon teaという習慣があります。某飲料メーカーに『午後の紅茶』という商品がありますが、この習慣または言葉の意味を正確に表しているとは思えません。英和辞典の定義を確認してみましょう。
afternoon tea ティー
イギリスで毎日午後3時ごろから5時頃までの間に取る軽食(サンドイッチやケーキなど)とお茶。最近ではややすたれてきている習慣だが、イギリス人はこれを愛好し食事の1つに数える。気のおけない客にも出す。単にteaともいう。
『スーパーアンカー英和辞典』学研

それでは本家イギリスの英英辞典でteaの定義をみてみましょう。
tea[C,U] BrE
3 a) a small meal of cake or biscuits eaten in the afternoon with a cup of tea
b) used in some parts of Britain to mean a large meal that is eaten early in the evening.
"Dictionary of Contemporary English" LONGMAN

3 a) 紅茶とともに午後に取るケーキやビスケットなどの軽食
b) イギリスのいくつかの地方で使われる語で、夕方に食べる分量の多い食事

つまり、teaというのは紅茶という飲み物以上に軽食などの食べ物をメインにした語であることがわかっていただけると思います。

afternoon teaはまたfive o'clock teaともいいます。日本語のおやつが八つ時(=午後2時)という時刻で表現されているのと同様に、イギリスafternoon teaという習慣もまたfive o'clockという時刻で表すというのが面白いですね。
posted by cosa at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

人にやさしい英語

近年は人種、民族、宗教、性、障害等のあらゆる差別的な表現を極力控えて、どんな人にとってもやさしい言葉が好まれ、いわば「常識」化しています。そのような差別に配慮した表現はpolitically correctだといわれます。

職業名で-manがつくものは-personに変更され、身体的な特徴については湾曲表現を使うようになっています。(英語力の不足による)直訳的な表現で、相手を傷つけないためにも、英語の「常識」が必要です。単にペラペラ話せることよりもずっと大事なことだと思います。

日本語訳をはさんで、左側が差別的表現、右側が望ましい表現です。
一定の法則性があります。
-man(男)を避ける
・businessman 実業家 businessperson
・craftmanship 技能・熟練 expertise
・gabageman ゴミ収集人 sanitation worker
・housewife 主婦 homeworker; householder
・mailman 郵便配達人 letter carrier
・policeman 警察官 police officer
・sportsman スポーツマン athlete
・freshman 一年生 first-year student; frosh
・manpower 人手:労働力 work force
・manhole マンホールsewer hole

性差別を避ける
・waiter, waitress 接客係 waitron: waitperson
・steward(ess) 搭乗員 flight attendant
・widow; widower 寡婦:男やもめ surviving spouse

-master(主人)を避ける
・concertmaster コンサートマスター concert director
・schoolmaster 校長 principal
・station master 駅長 station official

xxx challengedタイプ
・bald はげた follicular challenged
・cripple 身体障害者 physically challenged
・mentally retarded 知的障害者 mentally challenged
・poor 貧乏な financially challenged
・ugly 醜い aesthetically challenged
・fat 肥満 quantitiatively challenged

xxx impairedタイプ
・deaf 聴覚障害 hearing impaired
・blind 視覚障害 visually impaired

宗教差別を避ける
・Merry Christmas! メリークリスマス Happy Holidays!

その他
・cremation 火葬 after-death care
・elderly 高齢者 senior citizen
・bum 浮浪者 homeless person

意外に思われるかもしれませんが、challengedの代わりにhandicappedというのは差別的だと考える人がいますので注意が必要です。上記以外にも数々の言い方がありますので、詳しくはご自分でお調べ下さい。

とにかく「望ましい表現(右側)」の方が語彙の難易度が高くなっています。日本人ですから全て覚える必要はないでしょうが、少なくとも「避けるべき表現(左側)」を使わないような配慮は必要かもしれませんね。

日本語でも職業名や資格をあらわす「士」を「師」に書き換えるようになりました。看護婦・看護士は「看護師」に変わっています。最近刊行された国語辞典などはすべて「○○師」に変更されています。英和辞典でも同様の変更がなされていてビックリしました。

【参考文献】
・『英語便利辞典』小学館
・『英和中辞典第7版』研究社
posted by cosa at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

投影活動

英語には、人間の姿や形を「投影(projection)」した単語が散見されます。例えば、英語では飛行機の機首のことを"nose"といいます(専門用語ではbowです)。日本語では「首」と表現され、英語では「鼻」と表現されていますね。表現の違いこそありますが、どちらの言語でも人間の姿や形に見立てて表現しているところが実に面白いと思いませんか?詳しく調べたわけではありませんが、どんな言語にもこの「投影」によって表現された単語が存在するのではないでしょうか。

それでは「投影」の例を身体の部位ごとに見てみましょう。
head 頭
・head of a hammer ハンマーの頭
・head of a mountain 山の頂
・head of a nail 釘の頭
・head of a page ページの上部
・head of cabbage/lettuce キャベツ1株/レタス1玉
・the head of the Nile  ナイル川の水源

face 顔
・face of a clock/watch 時計の文字盤
・the face of the moon 月面
・face of a coin 硬貨の面
・on [upon] the face of a document 書類の文面上では
・face of a card トランプの表《マークや番号の書いてある面》
・face of a building ビルの正面

eye 目
・eye of a needle 針の穴
・eye of a potato じゃがいもの芽
・eye of a hurricane/typhoon ハリケーン/台風の目
・eye of day 太陽
・eye of scallop 貝柱

ear 耳
・ear of rice 稲穂
・ear of corn トウモロコシ1本
・ear of a pitcher 水差しの取っ手
・*dog ear ページの隅の折れ
(*人間ではなく犬の身体的特徴を「投影」した例ですが、おもしろいので載せてみました)

nose 鼻
・nose of a gun 銃口
・nose of a car 自動車の先端
・nose of a plane 飛行機の機首

mouth 口
・mouth of a cave 洞窟の入り口
・mouth of a tunnel トンネルの出入り口
・mouth of a gun 銃口
・mouth of the Yodo 淀川河口
・mouth of volcano 火山の噴火口

lip(s) 唇
・lips of a cup カップの縁
・lips of a jug 水差しの注ぎ口
・lip of a bunker バンカーのあご
・lip of a wound 傷口

neck 首
・neck of a bottle 瓶の口
・neck of the sea 海峡
・neck of a guitar ギターのネック

shoulder 肩
・shoulder of a road 路肩

arm 腕
・arm of the sea 入り江
・arm of a balance 秤の竿
・arm of a chair 肘掛け
・arm of a river 支流、分流
・arm of a tree 木の大枝
・arm of glasses 眼鏡のつる

foot 足
・foot of a pillar 柱の根元
・foot of a page ページの下部
・at the foot of a mountain 山のふもとで
・foot of stairs 階段の上り口
・foot of a page 脚部

hand 手
・hand of a clock/watch 時計の針
・hand of bananas バナナ一房

finger 指
・finger of black smoke 一条の黒煙
・finger of bananas バナナ1本

以上人間の姿・形を投影した英単語をざっと挙げてみました。ぜひお手元の英和辞典を引いてみてください。きっとおもしろい発見があるはずです。中学生の辞書指導の際に、おなじみの単語を引かせておいて、こうした発見をさせると、きっと目を輝かせて辞書を引きに没頭してくれることでしょう。

このように英単語のなかの「投影」をみてきましたが、日本語のそれも気になりますよね。授業のアイディアとして、国語辞典と英和辞典を両方使って、日本語と英語の相違を調べてみる活動なんてどうでしょう?クラスをいくつかのグループに分けて、身体の部位ごとに調べさせて発表するんです。子供たちの生き生きした姿を想像してワクワクしてきませんか。中学校で教鞭を執られているみなさま、この授業プランはいかがですか?言語への興味を掻きたてることができるし、辞書の使い方も上手くなりますよー。

最後に日本語における投影の例を挙げて、今回の記事を締めたいと思います。

日本語では植物(花)を人間の顔に見立てているのではないか。カナダで日本語の指導をしておられる金谷武洋氏の生徒さんの疑問からそれは始まりました。「葉は元は歯だったのではないか?」

単なる偶然の一致でしょうか。金谷氏のページから一部引用します。
あれは5年ほど前のことだったろうか。3年生のクラスが終わった後、よく出来る女子学生が「質問があるんですが」と言って残った。どうぞ、と言うと「先生、feuilleは日本語で「葉」でしょう。これとdentの「歯」。発音が同じ「は」ですね。形もよく似てますから、和語では元々同じ言葉だったんじゃないかしら」と聞く。急にこんな質問をされて絶句。「うーん」と唸っていると、「それにfleurは「花」でnezも「鼻」でしょう。これも偶然じゃないと思います」と畳みかけてくる。(そう言えば「顔の真ん中で咲いている」鼻もよく見るなあ)と思いながら「面白いことに気が付いたね。先生も考えてみるから」と答えて、自分への宿題にして帰ってきた。これは面白いことになったぞ。調べてみるのが楽しみだ。(中略)こうまで対応項目が並ぶと、ちょっと異常ではないか。一方に顔の部位としても「歯・鼻・目」があり、もう一方には植物の部位としての「葉・花・芽」がある訳だ。これらに形の上での共通性があって、しかも発音が同じというのだから、これはすごい。(中略)荒木博之の『日本語が見えると英語も見える』(中公新書・1994年)という本である。驚くなかれ、対応はこの3組だけではないことを知る。ぶら下がっている「耳(mimi)」と「実(mi)」、ふくらむ「頬(hoho)」と「穂(ho)」も、音の繰り返しはあるが同じではないかと著者は言う。5つもペアを挙げられると、白旗を挙げるしかない。圧倒的な説得力である。(中略)これらはとても偶然とは言えないと思う。それどころか、古代から綿々として受け継がれて来た東アジアの自然観が窺える言語上の好例ではないかと思うのである。それは取りもなおさず「人間を自然の一部として捉えようとする世界観」である。人間の顔の部位を植物の部位に「見立てた」のであって、決して偶然の産物ではあるまい。文化的に極めて必然的な隠喩(メタファー)として捉えてこそ、日本と朝鮮半島に住む人々の自然観なり美意識が読み取れると思うのである。


この説得力は圧倒的です。脱帽するしかありません。こうした対応関係の発見は私の好奇心をいやおうなく刺激しました。そして日本語の美意識に感動すらおぼえます。「ことば」はなんて素敵なんでしょう!

ぜひ、金谷武洋氏の『日本語に主語はいらない』第3回「葉と歯って元々同じだったと思う」からぜひご一読ください。目から鱗が落ちる思いをされると思います。

【参考文献】
・『英語教師のための効果的語彙指導法』英宝社
・『英和中辞典第7版』研究社
・『英辞郎第2版』アルク
posted by cosa at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。