2010年01月11日

東西南北

日本では東西南北という順で表されるものが英語ではnorth, south, east and westとなります。

方角を用いた言葉として、日本語には次のような言葉があります。残念ながら、東と西が絡んだものはないようです。
指南 武芸などを教え導くこと。また、その教え。
『明鏡国語辞典』大修館書店
敗北 戦いや試合などに負けること。
『明鏡国語辞典』大修館書店

これに対して、英語には以下の表現があります。
go south 2. (米)(市場や経済が)下向く、振るわなくなる;(水準が)落ちる、下がる
『アンカーコズミカ英和辞典』学研
go west 1. (英) (人が)西国へいく、おだぶつする(>die(死ぬ)をおどけて言ったもの) 2. (金などが)なくなる;(計画などが)失敗する
『アンカーコズミカ英和辞典』学研
posted by cosa at 03:35| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

大根とハム

演技の拙い役者のことを指して「大根役者」といいます。日本語の大根に対して、英語ではハムを用いてham actor(大根役者)となります。ちなみにフランス語では「フライドポテト」だそうです。いずれの言語でも食品に喩えているのが面白いですね。

Wikipediaの「大根役者」の項を読んでいて知ったのですが、「ham-の付く英単語に誉める訳はあまりない」ということ。さっそく手元の辞書を引いてみましたが、hamのつく単語の数自体があまり多くありません。こうして並べて見ると特別ネガティブな意味を持っているとは思えません。ジーニアスを見た限りでは、「誉めていない」のはわずか3語でした。
hamadryad(ハマドリュアス<木の精>)、ham-and-egger(並みの人間)、hamburger(ハンバーガー)、ham-handed=ham-fisted(手の大きい;不器用な、不細工な、やぼな)、hamlet(小村)、hammer(金づち)、hammered(ひどく酔っ払って)、hammerhead(シュモクザメ)、hamper(邪魔をする、阻止する、身動きをとれなくする)、hamster(ハムスター)、hamstring(ひかがみの腱)
『ジーニアス英和辞典第4版』大修館

Wikipediaの「大根役者」の項にはもう1つ興味深いことが書かれていました。
1989年 - 1997年にかけて米国の俳優・シルベスター・スタローンが伊藤ハムのコマーシャルに出演した。ハム会社と契約したことを聞いた人や放映当時に来日した俳優から「スタローンは自らの演技をギャグにした」とする逸話がある。
こういうことに気づける英語の知識を持ち合わせたいものです。
posted by cosa at 23:36| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

ゴルフ

ゴルフは一度も経験がなく観戦したこともない人間ですが、石川遼、宮里藍らの活躍により、ゴルフ人気は盛り上がりを見せています。その流れに乗っかって(?)、ゴルフに絡んだ英語ネタを書きます。

ゴルフのスコアはpar(パー)を基準に打数が少なくなるたびに呼び名が変わります。一打少なくなるごとに、バーディー、イーグル、アルバトロスと呼ばれ、すべて鳥の名前からつけられています。それぞれbirdie(小鳥)、eagle(鷲)、albatross(アホウドリ)となります。逆に、規定打数より多くなると、ボギー、ダブルボギー、トリプルボギーとなります。bogey(ボギー)は鳥とは無縁の語で、bogeyman, boogieman(子供をさらう鬼)から来ているのだそうです。

ちなみにドイツの自動車メーカーVolkswagen社が生産するゴルフ(Golf)は、スポーツのgolfではなく、gulf(湾)のこと。Volkswagen社は車種のいくつかに「風」にちなんだ名前をつけており、Golf(ゴルフ)は「メキシコ湾に吹く風」、Passat(パサート)は「貿易風」、Jetta(ジェッタ)は「ジェット気流」、Vent(ヴェント)は「ポルトガルからイタリアに吹く風」、Scirocco(シロッコ)は「アフリカから地中海を越えてイタリアに吹く暑い南風」と多数。
posted by cosa at 22:46| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

rebus

rebus(判じ物[絵])をご存知でしょうか。国語辞典によると「文字や絵にある意味を隠しておき、それを人に当てさせるもの」。そういえば小学生のときに凝って年賀状で同じようなことをしていたのを思い出します。

【Puzzles】
1. o_er_t_o_
2. pawalkrk
3. lang4uage
4. amUous
5. sta4nce
6. finger finger finger
7. neafriended
8. aged aged aged
9. give give give give
get get get get
10. HIJKLMNO
11. M_CE M_CE M_CE
12. UCTION


【Answers】
1. painless operation
2. walk in the park
3. foreign language
4. ambiguous
5. for instance
6. green fingers
7. a friend in need
8. middle-aged
9. forgive and forget
10. H2O = water
11. three blind mice (no i's)
12. reduction
posted by cosa at 01:13| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

Twilight

本日より"Twilight"を読み始めました。Amazon.co.jpの書評を見て前から楽しみにしていたペーパーバック。実は、映画化され日本ではすでに放映されていたことを知らなかった私。映画館での上映は終わってしまったようなので、いつの日かDVDで見るのを楽しみに読書開始!

電子辞書で単語を調べながら読み進めています。分厚い本ですが、文字が大きくとても易しい英語で書かれています。そういえば、昨日「和英クイズ」で出題していた単語に出会いました。Q-tip(綿棒)。こういう偶然がうれしい。物語自体の楽しみとともに、未知の言葉に出会う楽しみも読書にはあるから好きです。作家が選び抜いた言葉に感心しつつも、ボキャブラリの幅を少しでも広げていけたらと思います。
posted by cosa at 00:37| Comment(2) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

フルーツ

秋の味覚といえば、みなさんの頭に浮かぶものは何ですか?甘栗や焼き芋を想像された方もいらっしゃることと思います。「九里四里よりうまい十三里」という言葉があります。ご存じの方も多いとおもいますが、ここでの「九里」「十三里」は単に距離のことを表しているのではなく、それぞれsweet chesnut(栗)sweet potato(サツマイモ)のことを指しています。江戸時代、現在の埼玉県川越の特産品であったサツマイモの売り言葉として考えられたものです。川越から江戸日本橋までの距離、十三里(約50km)に洒落を利かせた粋な宣伝文句だったのです。最初、栗に近い味だということで「八里半」と呼ばれていたようですが、後の品種改良によって栗より甘くおいしくなったため、「九里四里うまい十三里」へと発展していったということです。


このように江戸の行商はサツマイモのおいしさを伝えるために栗を基準としたわけですが、英語でも他の果物を基準にその呼び名がついたフルーツがあります。わかりやすい例はpineapple(パイン)でしょうが、これに限らずapple(リンゴ)が元になってできた果物の名前がさらに2つ存在します。1つはmelon(メロン)。元はギリシャ語で「熟したリンゴ」という意味でした。そしてもう1つはpeach(桃)。同じくもともとはギリシャ語で、「ペルシャのリンゴ」の意味。peachはPersian appleが短くなったものです。これらの例からわかるように、英語appleは「りんご」という意味以前に、果物全般を表す、いわばフルーツの代名詞的な存在だったのです。berryという語も同様の役割を持っていたことが、Online Etymology Dictionaryに載っています。
berry
O.E. berie, a word that apparently meant "grapes" at first, from P.Gmc. *basjom (cf. O.N. ber, M.Du. bere, Ger. beere), of unknown origin. This and apple are the only native fruit names.
Online Etymology Dictionary


どうでもいいことですが、果物を指す英語の綴りにはbmpが多いと思うのですが、単なる偶然でしょうか?

スペリングにbmpを含む果物を思いつく限り挙げてみます。
apple(りんご), apricot(アプリコット), banana(バナナ), blueberry(ブルーベリー), grape(ぶどう), grapefruit(グレープフルーツ), lemon(レモン), lime(ライム), mango(マンゴー), melon(メロン), papaya(パパイヤ), peach(桃), pear(梨), persimmon(柿), pineapple(パイン), plum(すもも), prune(すもも), pumpkin(かぼちゃ), strawberry(いちご)

また、bpmを含まない果物には次のようなものがありますが、明らかに少数派であるように思います。
cherry(さくらんぼ), kiwi(キウィ), litchee(ライチ), orange(オレンジ)

人間の味覚に関する原始的な感覚なんでしょうか。bmpはいずれも両方の唇を使って出す音です。これに学術的意味はあるのかわかりませんが、唇の動き方に共通性が感じられるのが非常に興味深いと思いました。昔の人たちはきっと果実の「甘さ」とか「酸味」なんかを音声または唇の動きで表現したかったのではないでしょうか。

【追記】
フルーツを形容する言葉にもやはりbmpを含んでいます。たとえば、mature([果物が]熟す)、ripe(熟れた)、mellow(熟して甘い)など。これはもしや偶然ではない?
posted by cosa at 04:22| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

曜日トリビア

英語の曜日に関するトリビアを10個ご紹介します。全曜日を含めるため、少なからず強引なトリビアが含まれています。あらかじめご了承ください。


1. 大文字で書き始める習慣が一般化したのは17世紀以降である。

2. 米俗語にMonday man(洗濯物泥棒)という表現がある。

3. アメリカ合衆国にRuby Tuesdayというファミレスがある。2008年2月、海外1号店をフィリピンに出店。いつか日本に上陸するかも。店名はThe Rolling Stonesの同名曲から。

4. "Big Wednesday"(1978)という若いサーファーが主人公の青春映画がある。題名は水曜日に来るという世界最大の波から。

5. ニューギニア島とオーストラリアとの間、トレス海峡の南にThursday Island(木曜島)という島がある。

6. 日本語の「花の金曜日(花金)」と同じようなニュアンスを持つ"Thank God, it's Friday."(やっと金曜日だ)という言い方がある。TGIFという略語があり、頻繁に用いられる表現であることがわかる。

7. 米国のロックバンドChicagoの曲に"Saturday in the park"がある。New York Yankeesが土曜日にホームゲームがあるとき、この曲が試合前にYankee Stadiumで流される。

8. 全曜日のなかでSundayを含む表現が最もたくさん存在する。Sunday lunch(サンデー・ランチ)といえば、Sunday Roastと呼ばれるローストビーフにポテトや野菜を添えた食事を指す。また、口語でSunday face(丸出しのお尻)、同じ系統の表現にSunday suit(素っ裸)というのもある。Sunday carpenter(日曜大工)という言葉があるように、Sundayには「素人の、アマチュアの」の意味がある。他にSunday painter(趣味で絵を描く人)Sunday driver(慎重にゆっくり運転する人)など。

9. アイスクリーム・デザートのSundae(サンデー)のもとの綴りはSundayだった。

10. 曜日を使ったnursery rhymes(童謡)がある。
Monday's child is fair of face,
Tuesday's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for a living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is Bonny and blithe, and good and gay.


【番外編】
イギリスのロックバンドQueenの楽曲に曜日すべてが登場するものがあります。
Lazing on a Sunday afternoon performed by Queen
posted by cosa at 01:37| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

針の穴

It is easier for a ( ) to go through the eye of a needle, than for a rich man to enter the kingdom of God.
これは生徒が学校の先生から出題されたクイズ(?)です。みなさん、わかりますか?これはヒントとして英文が一文添えられており、カッコに当てはまるものが動物であることが示されていました。その動物とは一体何でしょうか?

この問題はriddle(なぞなぞ)でありませんから、頭をいくら捻っても答えはでてきません。実は聖書の一節を引用、問題にしたもので、英語圏ではaphorism(格言)として一般に定着しているようです。私はこの表現を、2年前ほど前、日本のある新聞の社説で読んで初めて出会いました。最初は聖書の言葉からきているとは夢にも思いませんでした。当時、インターネットで調べたのを覚えています。さてそろそろ答えを示すことにしましょう。
It is easier for a camel to go through the eye of a needle, than for a rich man to enter the kingdom of God.
[Matthew 19:24]

それにしても、これをクイズとして出題する教師の気が知れません。教養としてこの格言を知って欲しかったのでしょうか?それともミッション系の学校だからでしょうか?私には宿題として生徒に考えさせる価値がないように思いました。知識として知らなければ答えが出ない類のものだからです。

さて、この不可能なことの喩えとしてなぜcamel(ラクダ)が登場するのでしょうか?諸説あるようで、WikipediaのEye of a needleの記事中には大きく三通りの解釈が紹介されています。簡単にまとめておきます。興味がある方は上記記事をクリックしてお読みになってみてください。


1. イエス・キリストが、不可能なことの喩えとして、単に大きなもの(camel)と小さなもの(eye of a needle)を出したという説。

2. ギリシャ語では「ラクダ」と「綱」の綴りが似ており、書き写す際に間違って書かれてしまったためとする説。

3. エルサレムにNeedle's Eyeと呼ばれる狭い門があり、荷物をたくさん抱えたラクダではそこを通るのが難しかったという説。


最後に余談になりますが、needle's eyeという表現があります。おそらく先の格言から派生して出来たものだと思われますが、英辞郎によると「ほんのわずかのすき間、針の目、不可能な企て」という意味だそうです。
posted by cosa at 02:29| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

buffalo

面白い文を発見しました。文法的には正しく、ちゃんと意味をなす英文になっています。
Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo.

ぜひお手元の辞書をbuffaloを引いてみてください。大文字で使われている部分はもちろん地名。ニューヨーク州のBuffalo(バッファロー)のこと。そして動物としてのbuffalo(水牛)。さらに動詞用法のbuffalo(脅す)が使われています。

この英文は日本語に訳すことにほとんど意味はありませんが、クイズ感覚で文法力を試すには格好の材料かもしれません。buffaloが8つも並ぶ姿には思わず笑っちゃいますね。この英文を考えついたのはニューヨーク州立大学バッファロー校の先生だといいますから、まさにbuffaloづくしの英文。詳細についてはウィキペディアをご参照ください。

ほかにhadが11個並んだ英文もあります。
James while John had had had had had had had had had had had a better effect on the teacher.
posted by cosa at 04:10| Comment(2) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

rock bandでボキャビル

これをご覧のみなさまの中には、英検やTOEICなどの資格試験に向けてボキャビルに励んでいる方が数多くいらっしゃるでしょう。ハイレベルの語彙をいかに増やし、維持していくか。そこに大変な労力を払われていることと思います。高い語彙力は日々のたゆまぬ努力の上に成り立つものと承知していますが、ここではしばし息抜きしながら単語力アップを役立てていただければと思います。

ミュージシャンの名前の意味や由来から英検準1・1級レベルの語彙を確認してみましょう。彼らの楽曲を聞いて単語を記憶に刻み込みましょう。

Incognito インコグニート
イギリスのジャズバンド。"Still A Friend of Mine"が有名。
incognito(匿名の)


Blur ブラー
イギリスのロックバンド。唯一所有するアルバム『13』中で私は"Tender"が好み。
blur(不鮮明な記憶)


The Prodigy ブロディジー
イギリスのテクノバンド。彼らの楽曲は全く私の好みではありませんので、曲の選択はご自分でどうぞ。
prodigy(神童)


Motley Crue モトリー・クルー
米国のロックバンド。"Girls, Girls, Girls"なんかいかがでしょう。
motley(雑多な)


Melee メイレイ
米国のロックバンド。今度はさわやかですよ。"Built to Last"を聴いた後は清々しい気持ちになること請け合い。
melee(混戦)


The Knack ザ・ナック
米国のロックバンド。彼らの代表曲は何と言っても"My Sharona"でしょう。
knack(技巧)


以下はバンド名を調べる過程で、偶然知った単語や由来。英検には何の役に立たないと思いますが、ご紹介いたします。

The Goo Goo Dolls グー・グー・ドールズ
米国のロックバンド。彼らの代表曲である"Iris"は、Nicolas Cage、Meg Ryan主演の映画『Ciy of Angels(シティ・オブ・エンジェル)』の主題歌として採用されています。
goo-goo(色っぽい)


TLC
米国の女性ヴォーカルグループ。"Waterfalls"は日本のラジオ局でもヘビー・ローテーションになってましたね。グループ名のTLCはtender loving care(とっても優しくしてあげる)の頭文字をとったもの。


Workshy ワークシャイ
イギリスのポップミュージックバンド。ベスト・アルバムを持っています。"But Alive"はおすすめしたいですね。日曜の朝にゆっくりブランチでも食べながらじっくり聴きたい。
work-shy(仕事嫌いの)
posted by cosa at 02:22| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

Hangman

Hangmanというゲームをご存じですか。一種の単語当てゲームで、解答者は単語の綴りを1文字ずつ推測して完成に近づけていきます。一方で出題者側は、出題した単語の綴りのなかに解答者がguessした文字が含まれなければそのたびに、hangman(絞首刑執行人)として、一筆ずつ「首つり」の絵を完成に近づけていくゲームです。ちなみに「首つり」絵は10 strokesで完成するようにできています。

「ハングマン」をウェブ上で遊ぶことのできるサイトを見つけました。サイト名はそのままのHangman。BGMが最高!このゲームの手軽さや楽しさとすごくマッチしていて私は好きだなあ。さっそく"Movie Heroes"に挑戦してみましたが、20題中16問正解で「B+」の評価でした。暇つぶしにぜひお試しください。

Hangmanで上手に単語のスペリングを当てるコツがあります。それはアルファベット26文字のうちに最もよく使われる文字から順に言っていくことです。実は、出現の頻度の高い上位12文字が一単語としてちゃんと存在しています。
etaoin shrdlu 〈米俗〉混乱
『英辞郎 ver.112』
さらに詳しく知りたい方はウィキペディアのETAOIN SHRDLUを一読してみてください。

解答者がetaoin shrdluを知ってしまうとゲームのおもしろさが半減してしまいますが、出題者側がこの事実を把握していれば難易度の高い問題を出すことが可能になります。ファミレスで英語学習仲間と辞書片手にHangmanで時間つぶしするも楽しい…かも。
posted by cosa at 01:52| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

日英比較【色】

文化が違えば色の見え方が違います。アメリカの子どもは太陽をyellowで描き、日本人は赤で描くと言われます。

色の名前が指す範囲もまた文化によって変わってきます。日本語の「青」は、「紺色」や「藍」を含み、ときには「緑色」を指すこともあります。

また色に対する言語感覚が文化によって異なります。日本語には「緑の黒髪(=黒くつやのある女性の美しい髪)」という表現がありますが、この一見すると矛盾するような色の組み合わせが見られるのは非常に興味深いことです。

こうした色に対するイメージは日本語と英語ではどのように異なるのか。それを辞書の定義から比べてみたいと思いました。それぞれの言語では、色を何に喩えて説明しているのかを以下に示してみます。
日本語
【黒】墨・木炭、煤
【白】雪
【青】晴れた空、海、瑠璃(ラピスラズリ)
【緑】草木の葉、海水
【赤】新鮮な血、リンゴの皮
【黄色】菜の花、ゆで卵の黄み、向日葵の花
【茶色】
【灰色】
英語
【black】night, coal, pitch
【white】snow, milk, salt
【blue】a clear sky, the sea on a clear sky
【green】grass or the leaves of most plants and trees
【red】blood, fire, cherry
【yellow】lemons, butter, an egg yolk
【brown】earth, coffee, chocolate, wood
【grey】smoke, ashes, dark clouds
【参考文献】
・『大辞泉』小学館
・『大辞林第三版』三省堂
・ウィキペディア
・Oxford Advanced Learners' Dictionary
・Webster's New World Children's Dictionary
・Longman Dictionary of Contemporary English

【追記】
英語名sunflowerの由来は、その花の色と形から来ています。英語圏の人がsun(太陽)の色を、ひまわりの花の色であるyelllow(黄色)で表すことを示す好例になるのではないかと思います。
posted by cosa at 19:40| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名前みたいな単語集

(1) bill

Williamの愛称Bill。小文字で使うと(請求書)(くちばし)になります。

(2) tom

Thomasの愛称Tom。小文字で(雄ネコ)を表します。通常はtom-catの形で使われます。

(3) bob

Robertの愛称Bob。小文字では(上下に動く)という意味の動詞に。

(4) pat

PatrickまたはPatriciaの愛称Pat。小文字では(軽くたたく)となります。

(5) sally

Sarahの愛称Sally。小文字では(愉快なシャレ)だそうです。

(6) tony

Anthonyの愛称Tony。俗語ですが、(上流階級気取りの)となります。

(7) randy

Randallの愛称Randy。小文字では(欲情している)という意味を持つ形容詞になります。久保田利伸の昔の歌で「Randy Candy」というのがありますが、一体どういう意味でこのタイトルを付けたのでしょう?

(8) ben

Benjaminの愛称Ben。(奥の部屋)という意味と(〜山)という使われ方をします。

(9) chuck

Charlesの愛称Chuck。動詞として(ぼいと投げる)という意味があります。

(10) frank

Francisの愛称Frank。日本でカタカナになりつつありますが、(率直な)の意味があります。

(11) jimmy

Jamesの愛称Jimmy。小文字では強盗用の(金てこ)になるそうです。

(12) ray

Raymondの愛称Ray。X-rayとして有名ですが、(光線)の意味があります。

(13) terry

Terrenceの愛称Terry。(タオル地)の意味があります。

(14) will

Williamの愛称Will。(〜するつもり)(遺言)の意味があります。

(15) jean

Jannetteの愛称Jean。ご存じ(ジーンズ)になります。

(16) sandy

Sandraの愛称Sandy。(砂の)という形容詞に。

(17) sue

Susanの愛称Sue。小文字では(告訴する)になります。

(18) robin

Robertの愛称Robin。クリスマスカードの図案としてしばしば描かれる(コマドリ)となります。

【追加】
Peter。動詞としてはpeter out(次第に減少する)となります。
posted by cosa at 04:51| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

数にまつわる英語表現

「数」にまつわる英語表現を集めてみました。クイズ感覚で気楽にお楽しみください。雑学的とはいえ、無駄な表現ばかりではありません。特に1.〜8.は映画や本、雑誌等で使われるものばかりだと思います。

1. number one, number two 主に幼児が使います。

2. behind the eight ball ビリヤードの球の番号から。

3. nine-to-fiver この時間帯だけXXXする人。

4. cloud nine 雲の発達段階の最高ランクより。

5. ten to one 日本語でも数字を用います。

6. twenty-twenty パソコンを始めるまでは私も…。

7. catch-22 同名の小説からきています。

8. eighty-six 動詞で使います。

9. 143 pager[beeper](ポケベル)のメッセージに利用されていたそうです。

10. May I have a large container of coffee? 各語の文字数に着目してみてください。


それでは正解発表です。


1. number one, number two 《幼児語》おしっこ、うんち

2. behind the eight ball 困った状況で

3. nine-to-fiver 残業しない人

4. (on) cloud nine 天にも昇る気持ちで

5. ten to one 十中八九

6. twenty-twenty (vision) 正常視力の

7. catch-22 (situation) どうにもならない状態

8. eighty-six (バー・レストランから)追い出す

9. one four three 文字の数でI love you.を表現。

10. May I have a large container of coffee? pi(円周率)の8桁3.1415926を表現。
posted by cosa at 04:23| Comment(2) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

東京の人

今回は接尾辞に関するお話です。「〜する人」を表す代表例としては、playに[-er]をつけるplayer(選手)があります。この[-er]を接尾辞といいますが、「人」を表す接尾辞にはどれだけ種類があるのかここでまとめておこうと思います。ちなみに、Japan-Japanese(日本人)となりますが、Tokyo-xxxxx(東京の人)は何と表現したらよいかわかるでしょうか?答えは最後にあります。
(1) -er
employ-employer(雇い主) / examine-examiner(試験官)
「人」を表す最も一般的な接尾辞。

(2) -ist
science-scientist(科学者)
novel-novelist(小説家)
主に名詞について創作家や学問の研究者などを表す。

(3) -or
act-actor(俳優)
visit-visitor(訪問者)
-erと同じ発音であるため、綴りに注意が必要。

(4) -tress
act-actress(女優)
wait-waitress(ウェイトレス)
女性名詞をつくる接尾辞だが、最近では性差別語として公の場では使用を避ける。

(5) -ician
music-musician(音楽家)
magic-magician(手品師)
専門家を表す。

(6) -eer
mountain-mountaineer(登山家)
engine-engineer(技術者)
軽蔑的な意味を込めた場合があるので注意が必要。fictioneer(二流作家)など。

(7) -ee
employ-employee(従業員)
examine-examinee(受験者)
ある行為をされる人を表すのに用いるのが一般的。

(8) -ar
lie-liar(うそつき)
beg-beggar(乞食)
このタイプは非常に数が少ない。

(9) -ary
secret-secretary(秘書)
benefit-beneficiary(受取人)

(10) -ant
assist-assistant(助手)
apply-applicant(応募者)

(11) -an
America-American(米国人)
Hokkaido-Hokkaidoan(北海道の人)
Okinawa-Okinawan(沖縄の人)
ある土地生まれの人を表す最も一般的な接尾辞。

(12) -ese
Vietnam-Vietnamese(ベトナム人)
Nippon-Nipponese(日本人)
アジア人に対して使われることが多いような気がします。

(13) -ish
Spain-*Spanish(スペイン人)
Finnland-Finnish(フィンランド人)
*スペイン人全体を指してSpaniard(スペイン人)という言い方もあります。

(14) -i
Iraq-Iraqi(イラク人)
Israel-Israeli(イスラエル人)
この接尾辞は「中東」の匂いがします。

(15) -ite
Tokyo-Tokyoite(東京の人)
Vancouver-Vancouverite((カナダの)バンクーバー市民)
Tokyoiteは[トウキョウアイト]と発音します。新聞記事等でたまーに見かけます。



追記
(12) -eseはポルトガル語の男性複数形語尾から来ているそうで、大航海時代のポルトガル人の航海線上に点在する国々に、-eseのついた国民名が多くみられるという記述を『プログレッシブ英語逆引き辞典(小学館)』の中に見つけました。
posted by cosa at 05:03| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

サイコロの目

サイコロの目の読み方を知っていても何の徳にもなりませんが、知識欲の旺盛な方ははぜひ覚えておいてもらいたい。トランプも同じ読み方で、1から順にace(1), deuce(2), trey(3), cater(4), cinq[cinque](5), sice(6)となります。ちなみにaceはラテン語as(=a unit)から、残りの2〜6はフランス語からきています。

cinq-a-sept(昼下がりの情事)[サンク・ア・セット]というフランス語由来の単語がありますが、cinq(5)とsept(7)の組み合わせになっています。5時から7時までを指し、どうやら「黄昏時」を表現した単語みたいです。
posted by cosa at 04:40| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

魔法の言葉

Can I have another helping?(おかわりー!)という言い方はあまり丁寧とはいえません。でも10年以上前になりますが、アメリカにいたころの私は注文するときに"Can I...?"を多用していました。ぞんざいな言葉遣いをした知性の低い外国人でした。せめて語尾にpleaseをつけるべきでした。

日本語には丁寧語・謙譲語が存在するが、英語にはそれがないという人がいますが、それは間違いです。言葉遣いを丁寧にする表現方法はちゃんと存在しますし、多くの親は子への躾として言葉遣いを注意します。でもその注意の仕方は日本と違っています。次のイディオムから英語のセンスを感じることができるでしょう。
What's the magic word?
something that you say to a child in order to make them say 'please' or 'thank you'. 'Can I have a chocolate, mummy?' 'What's the magic word?' 'Please.'
"Cambridge International Dictionary of Idioms"
映画にもよく耳にするイディオムですが、これを言われた子どもはきっと素直に笑顔で応じるでしょうね。果たして、同じ場面に出くわした日本人の親は何と言うでしょうか?
posted by cosa at 00:55| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

社会の窓

"Your fly is open[undone].(社会の窓が空いていますよ)"と言えますか?言ってあげるのが親切なのか、言わないでおくのが親切なのか。究極の選択です。親しい人なら指摘をしつつも笑ってあげられるのですけどね。

そのような場面に遭遇した場合、英語ではどのように言ってあげればよいでしょうか。さり気なく、周辺の人に悟られないように伝えられたらいいですね。それがエチケット。英語には次のような表現があります。ぜひお試しあれ?!
XYZ
used to indicate to someone that the zipper of his or her pants is open.[ex(amine) y(our) z(ipper).]
"AMERICAN HERITAGE College dictionary 4th edition"


ちなみに「社会の窓」という俗語はNHKラジオで放送されていた『インフォメーションアワー・社会の窓』という情報番組が語源となっています。また、女性の場合は「理科の窓」というのだそうです。
posted by cosa at 05:10| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

ブロンド・ジョーク

"Legally Blind"で触れたblonde jokes(ブロンド・ジョーク)が面白かったので、別のを紹介。ジョークで英語を勉強しようなんて思いませんが、割と平易な英語で書かれているので、英語学習のきっかけにはいいかもしれません。興味ある方は『アメリカン・ジョークに習え!(アルファポリス)』なんかいいですよ。著者の方のページはこちらです。それでは私が気に入ったブロンド・ジョークをお楽しみ下さい。
Bad Book
A blonde stormed up to the front desk of the library and said, "I have a complaint!"

"Yes, Ma'am?" said the librarian looking up at her.

"I borrowed a book last week and it was horrible!"

Puzzled by her complain the librarian asked "What was wrong with it?"

"It had way too many characters and there was no plot whatsoever!" said the blonde.

The librarian nodded and said, "Ahhh. So you must be the person who took our phone book."
posted by cosa at 16:30| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

Oops!

世界には多種多様な祝日がありますが、7月2日は一風変わっています。一般的な祝日ではありませんが、I FORGOT DAYなのだそうです。
Today is I Forgot Day, a day to make up for all the birthdays, anniversaries, and graduations you forgot during the first half of the year.
今日は"I FORGOT DAY"です。あなたがこの一年前半に忘れてしまった誕生日、記念日、卒業式など全部を埋め合わせする日です。
起源はわかりませんか、素敵な発想ですね。「誕生日おめでとう」を言いそびれたあなた。何らかの事情で感謝するタイミングを逸してしまったあなた。"I FORGOT DAY"をネタに感謝の言葉をかけてあげませんか?

米国人はgreeting cards(カード)をよく贈ります。さまざまな祝日や記念日をとても大切にする国民です。かつては日本人もそうでした。感謝や祝福の気持ちを表現するのにカードは最適。カードは彼らの文化になっています。このように素晴らしい文化を日本人は取り入れていったらいいと思います。カードを贈る側も受け取る側もどちらも幸せになる。感謝を土台にした行動は、送り手と受け手双方に「うれしい」をもたらしてくれます。「うれしい」という感情は決して一人では起こらないからです。相手があって初めて起こる感情なんだと大学時代の先生がおっしゃってました。
posted by cosa at 02:43| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

Dunkin' DonutsのCM

前回紹介しましたSUBWAYのCMが面白かったので、他に笑えるのがないかと探しました。今回はDunkin' Donuts(ダンキン・ドーナツ)のCMを選んでみました。
Man: Honey, look at that.
Woman(right): You have to open this when I can't wait to any longer.
Woman(left): Oh, my gosh.
Woman(middle): This is great grandmother's only doll.
Woman(right): It's been our family for generations.
Man: Excuse me.
Woman(middle): I mean to cry. I mean to cry.
Woman(left): He's gotta be such a great father.
Woman(middle): Yeah. He's really ready for this.

Annoucement: Delicious Dunkin' Donuts. Just the thing you've been expecting.
【glossary】expect (当然のこととして)予期する、妊娠する  just the thing まさにほしかったもの

ダンキン・ドーナツのCMをもう1本。
Man A: Oh, what, what you doing?
Man B: Sometimes I dislike the taste of maple syrup in the morining. What's that?
Man A: Oh, it's the..a new maple cheddar breakfast sandwich from Dunkin' Donuts.
Man B: What's in it?
Man A: Cheddar cheese, egg, maple flavored sausage.
Man B: Oh.
Man A: I've got a meeting.

Announcement: A new maple cheder breakfast sandwich from Dunkin' Donuts. It's a sweet unexpected combination. America Runs On Dunkin'.

【glossary】unexpected 意外な  run on 〜を話題にする
posted by cosa at 04:01| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

SUBWAYのCM

SUBWAY(サブウェイ)のサンドイッチを食べたことありますか。SUBWAYは世界86ヶ国に27777の店舗を持つ巨大なサンドイッチ・レストラン・チェーンです。アメリカにいた頃によく食べに行きました。あー懐かしい。店員が客の目の前で手際よく作ってくれるのがいいんです。そして美味しい。日本でもっと店舗を増えないかなあ。

新しいSUBWAYのCMが笑えるとの情報を『英語教育(大修館)[July, 2007]』で得ましたので、さっそくYouTubeでチェック。ハンバーガーに対する皮肉たっぷりのコマーシャルになっていて面白いですよ。ドライブスルーでハンバーガー店を訪れた夫婦がこう注文します。
Salesclerk: Can I help you?
Husband: Can I get the love handles, double chin and...some blubber?
Salesclerk: Do you want the double blubber?
Husband: Sure.
Wife: And I'll have the same thing, but instead of the blubber, can I get some thunder thighs and a badonkadonk butt?
Salesclerk: Please drive around.

Announcement: When you have greasy fast food, what are you really getting? Introducing new Subway Fresh Fit meals with new better-for-you sides and drinks. The new Subway Fresh Fit meals fit into the American Heart Association's apporach to a healthy lifestyle. Subway. Eat fresh!
夫婦が乗ってきた車が環境にやさしいhybrid car(ハイブリッド・カー)のPrius(プリウスで)あるところがまたcynical(皮肉っぽく)ていい。

【glossary】love handles [米俗]腹部のぜい肉  double chin 二重あご  blubber ぜい肉  thunder thigh 極太もも  badonkadonk butt デカ尻  side 付け合わせ  fit into 〜に適合する  American Heart Association アメリカ心臓協会
posted by cosa at 00:59| Comment(2) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

米1ドル紙幣

私たちはお金は毎日使います。日常的に目にしているにも関わらず、じっくり観察する機会は案外ありません。海外の通貨であれば、なおさらのことでしょう。紙幣や硬貨はその国のシンボルと言えます。学校教育の現場では「国際理解」のために英語をやっているようですが、ある国を理解するきっかけとしてその国の紙幣を使うのは1つの手だと思います。今回は米国の1ドル紙幣(one dollar note)についてのfun facts(ウンチク)をご紹介します。

(1) 肖像画(portrait)
米国1ドル紙幣中央には初代大統領のGeorge Washington(ジョージ・ワシントン)の肖像が描かれています。25セントコインにも使われています。1ドル札も25セント硬貨はともに流通量が最も多い紙幣と硬貨です。

(2) 紙幣
上部にはFEDERAL RESERVE NOTE(連邦準備券)と書かれています。「日本銀行券」と同じようなものでしょう。

(3) 発行元
ドル紙幣を発行しているのはBEP(Bureau of Engraving and Printing)(アメリカ印刷局)。紙幣の場合はissue(発行する)といい、硬貨の場合はcirculate(流通させる)といいます。ちなみに貨幣を発行しているのはTHE UNITED STATES MINT(アメリカ造幣局)mintには「造幣局」「[貨幣を]鋳造する」という意味があります。in mint condition(新品同様の)という表現がありますが、植物のmintではなく、造幣局のmintから来ているのですね。

(4) IN GOD WE TRUST
裏面の中央に大きくONEの文字があり、その上部にはIN GOD WE TRUST(我ら神を信ず)の印字されていますが、これはアメリカ合衆国のmotto(モットー)なのです。映画『34丁目の奇跡(The Miracle on the 34th Street))』では、このモットーを巧みに使っています。裁判官に「国家が神の存在を認めている」ことから、「サンタクロースが実在する」という判決を引き出します。このクライマックスは本当に見事としかいいようがありません。

(5) Eye of Providence(プロビデンスの目)
裏面左に描かれているピラミッドの目のことです。アメリカなのにどうしてピラミッド?そしてなぜ目が描かれているのか。米国の子ども向けの雑誌から引用します。
The pyramid symbolizes something that lasts for ages. It is unfinished because the U.S. is always growing. The eye, known as "Eye of Providence," probably comes from an ancient Egyptian symbol.
"THE WORLD ALMANAC FOR KIDS 2008"
ピラミッドはずっと続くものの象徴です。未完成のままである理由はアメリカは常に成長し続けていることを意図しています。また「プロビデンスの目」として知られる目はおそらく古代エジプトのシンボルが由来のようです。

ウィキペディアには別の見解が書かれています。どちらが正しいのでしょう。
プロビデンスの目
プロビデンスの目(Eye of Providence)とは、通常ピラミッド型のものの上に目玉がくる形をしたマークのことをいう。アメリカ合衆国の国章の裏面やUSドル紙幣の裏面にも描かれている。未完成のピラミッド型の建造物の上で、まわりを栄光の光によって囲まれる3角形の3つの目で監視する、という意味でできた。神の目で人類を監視していることを示している。
ウィキペディア


(6) ラテン語
裏面左に描かれたEye of Providence(プロビデンスの目)を囲む円の中にはラテン語が書かれています。1つは"Annuit Coeptis"とあり、英語では"God has favored our undertaking(神は我々の企てに与し賜へり)."の意味。もう1は"Novus Ordo Seclorum"とあり、英語では"a new order of the ages(世紀の新秩序生まれる)"という意味になります。どちらもローマの詩人Virgil(ウェルギリウス)の言葉だそうです。
posted by cosa at 04:22| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

邦題と原題(1995)

1995年に製作された映画を取り上げます。
『アメリカン・プレジデント(The American President)』
Theはほとんどの場合省かれるのだそうです。それだけ。

『いつか晴れた日に(Sense and Sensibility)』
原作である小説の題名は『分別と多感』。映画の方は原題をまったく無視してます。

『カットスロート・アイランド(Cutthroat Island)』
cutthroat(人殺しの、激しい)cut(切る)throat(喉)からできた語です。cutthroat competition(激烈な競争)のように使います。

『恋人までの距離[ディスタンス](Before Sunrise)』
これもまた原題を全く無視。でも実際に見てみれば題名の意味は理解できます。主人公2人が絶妙なdistance(距離)を保って物語が進行するのが歯がゆくもあり、微笑ましくもあるのです。でも続編が出てしまったので、この洒落た邦題はムダになってしまったわけです。続編は『ビフォア・サンセット(Before Sunset)』。ちゃんと対称的な題名になっています。私の大好きな1本です。

『JM(Johnny Mnemonic)』
ビートたけしとキアヌ・リーブスが出演することで話題となりました。『JM』って何の略語だろうかと思っていました。mnemonic(記憶術の)は語頭の"m"が黙字(silent letter)となり、[ニマニック]と発音します。

『セブン(Se7en)』
よくみると"seven"ではなく、"se7en"となっているところが洒落ていますね。7はキリスト教のseven sins(7つの大罪)の象徴です。モーガン・フリーマンが劇中で挙げる順に、gluttony(暴食)、greed(強欲)、sloth(怠惰)、wrath(怒り)、pride(傲慢)、lust(色欲)、envy(嫉妬)の7つです。

『ため息つかせて(Waiting to Exhale)』
この邦題は見事です。exhale(息をはく)waiting(待っている)から『ため息つかせて』とする翻訳センスがすごい。反意語のinhale(息をすう)を覚えましょう。病院で心電図とるときにはこう言うかもしれません、"Inhale. Hold your breath. Exhale."(吸ってー。息をとめて。吐いてー。)

『ダイ・ハード3(Die Hard: with a Vengeance)』
第4作がこの夏に公開されますね。このシリーズ大好き。新作はぜひ大きなスクリーンで見たいと思っています。題名はdie hard(なかなか死なない)です。シリーズのどの作品でもジョン・マクレーン警部補が八面六臂の活躍をし、決して死なない。hardly(ほとんどない)は、なぜか否定的な意味を持っていますね。それはdie hardから考えると、hardlyの否定的な側面が理解できるかもしれません。中学生の頃は「激しく死ぬ」かと思ってましたが…。

『ニック・オブ・タイム(Nick of Time)』
"in the nick of time"で「ちょうどよい時に」という意味の熟語です。テレビドラマ「24(twenty-four)」と同じく、劇中の時間と実際の時間が同時進行する非常に珍しい作品。ジョニー・デップと同じハラハラドキドキが体験できる仕掛けになっています。


『陽のあたる教室(Mr. Holland's Opus)』
Mr. Holland(ホランド先生)のopus(音楽作品)。邦題は音楽を全く感じさせません。opusに込められた意味が表現できていないのは残念です。いかにも日本人の考えそうな題名です。狙いすぎ?

『フォー・ルームス(Four Rooms)』
なぜ「フォー・ルームス」なのでしょうか。なぜ素直に「フォー・ルームズ」としなかったのでしょうか。日本人が語尾の濁音を嫌い、清音を好むから?このことは以前の記事『濁音と清音』で取り上げています。一読を。

『誘惑のアフロディーテ(Mighty Aphrodite)』
口語でmightyは「すばらしい」の意味があります。それを「誘惑の」とした翻訳センスはまさにmighty(すばらしい)です。Aphrodite(アフロディテ)はギリシャ神話の愛と美の女神です。ミラ・ソルビーノはちょっぴり頭は弱いがキュートな娼婦役を演じ、アカデミー助演女優を受賞しました。素敵なエンディングです。
posted by cosa at 02:32| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

邦題と原題(1994)

映画の邦題は実に興味深い。素晴らしい例、明らかに誤訳と思われる題名が確かに存在しています。どちらにせよ、英語と日本語の比較をすることで面白い発見があればと思いました。今回は私にとって思い出深い年である1994年に製作された作品を取り上げます。
『恋はデジャ・ブ(Groundhog Day)』
原題のGroundhog Dayって何の日?ウィキペディアによれば「アメリカ合衆国・カナダにおいて、2月2日はグラウンドホッグデー(英:Groundhog Day/ Groundhog's Day)として知られ、ジリスの一種グラウンドホッグを使った春の訪れを予想する天気占いが話題になる。アメリカ・ペンシルバニア州パンクサトーニーの祭が最も有名」とのこと。まあこの映画を見れば、どんな行事かわかります。

『あなたに降る夢(It Could Happen to You)』
この邦題は優秀。日本語の「夢」は魅力的だし、それが「降る」のが何ともロマンチック。原題からはcould(〜かもしれない)の用法を学びましょう。

『今そこにある危機(Clear and Present Danger)』
これはほぼ直訳の失敗例だと思う。Clear and present dangerは法律用語らしい。日本語に翻訳してもかっこ悪い。カタカナで十分ではないでしょうか?

『きっと忘れない(With Honors)』
邦題はセンチメンタリズム漂います。いかにも日本人好み。いい映画だと思いますが、ヒットしませんでした。原題のwith honorsは「優等で、名誉ある」となります。主人公があるホームレスから数々の教訓を学んでいく物語。

『激流(The River Wild)』
形容詞の後置修飾が文法的には非常に興味深いです。日本人なら「激流」をThe Wild Riverとしてしまいそうです。形容詞を後置修飾するのはその状態が一時的だからです。つまり、the wild riverは「いつも荒れている川」となりますが、the river wildなら「普段は穏やかだが一時的に荒れる川」と解釈できます。

『ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption)』
redemption(罪の贖い)は難度の非常に高い単語です。もちろん私はこの題名で初めて知りました。映画を見てからはこの単語の意味を完全に覚えてしまいました。この映画は台詞が素晴らしい。シンプルですが、ティム・ロビンス演じるAndyが言った次の言葉が胸に強く残ります。"Hope is a good thing. Maybe the best of things, and no good things ever dies.'

『探偵ポーグ わたし、忘れてます。(Clean Slate)』
隠れたコメディの秀作。日本でのDVD化を熱望します。邦題はやたら長い題名ですが、主演のダナ・カービーのとぼけぶりが上手に表現できていると思います。原題のclean slateは「白紙の状態(=記憶喪失状態)」と「前科のない人物」という二つの意味がうまくかけてあった上手い。英語の方はたった2語で2つの意味を出していますが、日本語の方はイメージ戦略重視といった感じでしょうか。

『ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)』
原題を生かそうとしていますが、一味足りないか…。映画自体は非常に完成度の高いコメディーに仕上がっているだけに少し残念な邦題です。playwright(劇作家)が主人公の映画です。

『マーヴェリック(Maverick)』
邦題がカタカナそのままだったのですが、maverick(一匹狼)を紹介したくて取り上げました。メリ・ギブソンとジョディ・フォスターの騙し騙されの展開が心地よい映画です。

『未来は今(The Hudsucker Proxy)』
邦題は劇中の台詞をうまく利用した例です。主人公のティム・ロビンスが突然、社長のproxy(代理人)になることからはじまる話。ファンタジーの要素を巧みに生かしたコメディ。ティム・ロビンスの同級生を装い、わけのわからない校歌を必死に歌うジェニファー・ジェイソン・リーが見ていて可笑しい。
posted by cosa at 03:29| Comment(0) | 英語雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。